腹部の連想画像診断
  • 有料閲覧

腹部の連想画像診断

画像に見えないものを診る 筆頭著者 田中 宏 (編著) メジカルビュー社 電子版ISBN 978-4-7583-7201-5 電子版発売日 2016年12月12日 ページ数 196 判型 B5変 印刷版ISBN 978-4-7583-1583-8 印刷版発行年月 2015年2月

書籍・雑誌概要

読影に臨む研修医・技師と指導医の軽妙でユーモアあふれる問答により,腹部領域の疾患の画像診断についてわかりやすく解説。症例画像や図版を豊富に盛り込み,症例画像の単なる絵合わせだけでなく,診断に至る論理なども病態生理を基に解明する。疾患はもとよりCT・MRIとは何か,そもそも腹部領域の画像診断とは何なのかを,画像診断に臨む際の心理にも踏み込んで執筆。
放射線科医の診断の醍醐味を軽快にそして奥深く追求した書籍。

目次

実践編基礎
●画像の基本
 われわれは科学者の一員
 なぜ?が大切
 細胞のお話し
 原始,分子,アボガドロ数?
 水の量と分布:大人と子ども,細胞内と細胞外
 生卵とゆで卵,水と氷
 脂肪のお話し
 石灰化:CTにおまかせ
 放射線(X線)による画像
 撮像と読影はお互いに協力し,刺激し合わなければならない!
 画像で見ているレベル
 画像における動きの影響
 見ることは信じること?:錯視
 部分容積効果に注意!:部分容積効果とスライス面
 病理と画像
 知っておきたい被ばく線量,MRIの禁忌
●CT
 CTで見ているのは原始密度の違い
 血液の画像所見: MRIで血腫の時期が,CTで貧血がわかる!?
 悪性腫瘍はCTでどのようにみえるかな?
 造影効果:血管と細胞,間質の状態
●MRI
 MRIの基本:何を見ているのでしょうか?
 強調像の意味(復習)
 T1強調像:信号強度の回復力
 T2強調像:信号の持続力
 MRIで水の緩和時間の違いをチェック!まずは高分子との関係
 拡散強調像は理想の撮像法
 役に立つMRIシークエンス:①液体の違いを示せ! ②邪魔者は消せ!
 Low b DWI:病変の発見に必須のシークエンス
 磁化率効果
●Topics
 仮説をたてよう!
 私の仮説①:TE200で腫瘍の良悪を鑑別
 私の仮説②:拡散強調像ではブラウン運動は抑制できない
 私の仮説③:おなかではありませんが,正常圧水頭症はモンロー孔の狭窄
 私の仮説④:膿瘍T2強調像では高信号,拡散強調像では?

実践編応用
●腹部
 T2-shine-throughに気をつけろ!
 T2 dark-through:ADC画像,黒い部分にも注意しろ!
 おなかが痛い!痛いところが病変の部位?
 急性炎症は水浸し
 感染症:寄生虫,心筋,細菌,ウイルス
●消化管
 イレウスの検査とチェックポイント
 急性腹症:激しい腹痛
 消化管腫瘍:CT,MRIもすごいぞ!
 腹痛,まず虫垂のチェック!
 大腸の慢性炎症性疾患:潰瘍性大腸炎とCrohn病
 門脈に空気! 異常な空気は重要所見
●肝臓・胆嚢
 正常肝臓
 正常肝臓の占拠性病変:転移性腫瘍のチェックは入念に!
 肝臓の基本的な検査法:ダイナミックCT
 MRIの標準的撮像方法
 肝実質の濃度の変化:実質濃度低下,濃度上昇
 肝細胞癌の特徴:中・低分化肝細胞癌
 肝細胞癌?なんか違うな
 Adenoma-carcinoma sequence vs de novo
 海綿状血管腫は個性あふれる良性腫瘍
 ちょっと変わった血管腫
 びまん性肝疾患
 胆嚢炎,ポリープと胆嚢癌,腺筋腫症,胆石
●膵臓・脾臓
 正常膵臓 サイズの個人差が大きいな
 急性膵炎:急激な腹痛
 膵嚢胞性病変
 浸潤性膵管癌
 脾臓は大きなリンパ節!?
●腎臓・泌尿器
 画像で見る腎皮質と髄質
 腎臓の標準的検査法:CT,MRI
 腎血管筋脂肪腫
 腎細胞癌
 腎嚢胞性疾患
 副腎腫瘍
 血尿は尿路疾患発見のきっかけ
 前立腺の正常構造,加齢による変化
 前立腺癌はT2低信号?癌は高信号じゃないの?
 移行域の前立腺癌は診断できるの?
●婦人科疾患
 正常女性骨盤と標準的撮像法:MRI
 境界悪性?
 卵巣成熟奇形腫
 卵巣腫瘍の鑑別:嚢胞成分+充実部分は悪性腫瘍!
 子宮筋腫の多彩な表情に注意
 子宮筋層T2低信号:腺筋症と収縮
 子宮頸部の嚢胞性病変
●腫瘍
 腫瘍とは細胞の過剰な増殖,癌は自立的に無限に増殖する
 典型的な悪性腫瘍は思っているほど多くありません
 悪性腫瘍の血管
 乏血性腫瘍:血流が少ないのに悪性腫瘍?
 平滑筋腫瘍:悪性度は難しい

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る