頭頸部の臨床画像診断学 改訂第2版
  • 有料閲覧

頭頸部の臨床画像診断学 改訂第2版

筆頭著者 尾尻 博也 (著) 東京慈恵会医科大学准教授 南江堂 電子版ISBN 978-4-524-28522-8 電子版発売日 2016年6月6日 ページ数 680 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-524-26209-0 印刷版発行年月 2011年11月

書籍・雑誌概要

「頭頸部の画像診断と臨床の統合を図る」をコンセプトに,頭頸部の代表的病態について臨床解剖から治療選択の判断,手術術式に至るまで,画像情報をもとに詳細に解説.今改訂では全体に画像・症例数を大幅に増補し,新たに「頭蓋顔面・頸部外傷」「神経周囲進展」の章や,付録「正常解剖アトラス」を設けた.収載画像総数1737.米国で耳鼻咽喉科の研鑽を積み,画像診断医としての奥行きを身につけた著者渾身の書.

目次

※異体字(Rouviere)あり

【主要目次】
1章 眼窩
 A 臨床解剖
 B 撮像プロトコール
 C 疾患

2章 鼻副鼻腔
 A 臨床解剖
 B “normal variant”とその臨床的意義
 C 撮像プロトコール
 D 炎症性疾患
 E 腫瘍および腫瘍類似疾患
 F 外科的療法

3章 上咽頭
 A 臨床解剖
 B 撮像プロトコール
 C 病態

4章 口腔
 A 臨床解剖
 B 画像診断・撮像プロトコール
 C 病態

5章 中咽頭
 A 臨床解剖
 B 撮像プロトコール
 C 病態

6章 喉頭
 A 臨床解剖
 B 画像診断・撮像プロトコール
 C 喉頭癌
 D その他

7章 下咽頭
 A 臨床解剖
 B 画像診断・撮像プロトコール
 C 下咽頭癌

8章 頸部リンパ節転移
 A 正常リンパ組織の解剖
 B Rouviereによるリンパ節解剖
 C 「レベル」システム
 D 「頭頸部癌取り扱い規約」(第4版)によるリンパ節分類
 E 撮像プロトコール
 F 病理機転
 G 臨床的意義
 H 頸部郭清術
 I 頸部リンパ節転移の画像所見(リンパ節転移の画像診断について)
 J 頸部リンパ節転移画像診断と治療の統合

9章 頸部嚢胞性腫瘤
 A 臨床的事項
 B 先天性頸部嚢胞性腫瘤
 C リンパ節性嚢胞性腫瘤
 D 非リンパ節性炎症性嚢胞性腫瘤
 E 臓側間隙(非炎症性)嚢胞性腫瘤
 F 血管性嚢胞性腫瘤
 G その他

10章 側頭骨
 A 臨床解剖
 B 耳痛(関連痛)
 C 撮像プロトコール
 D 側頭骨術式
 E 病態

11章 唾液腺
 A 生理・臨床解剖
 B 撮像プロトコール
 C 代表的術式
 D 病態

12章 頭蓋顔面・頸部外傷
 A 頭蓋顔面骨折
 B 穿通性咽頭損傷
 C 頸部外傷

13章 神経周囲進展
 A 総論
 B 各論

14章 その他

付録 頭頸部の正常解剖像
 A 眼窩・鼻副鼻腔(CT)
 B 上咽頭MRI(T2W1)
 C 中咽頭・口腔
 D 咽頭・下咽頭
 E 側頭骨

索引

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る