人体構造論抄
  • 有料閲覧

人体構造論抄

ヴェサリウスのthe Epitome 筆頭著者 中原 泉 (訳) 原著者 Andreas Vesalius 南江堂 電子版ISBN 978-4-524-26518-3 電子版発売日 2016年6月6日 ページ数 96 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-524-20837-1 印刷版発行年月 1994年5月

書籍・雑誌概要

Vesaliusは1冊の著書をもって解剖学を一挙に近代化し、医学をscienceに列して、その使命を終えた…。「医学語源の宝庫」「美術解剖の先駆」と謳われたFabricaの姉妹編、the Epitome(梗概)と称される書。

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

  • 健康・栄養科学シリーズ 解剖生理学 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち 国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所 (監) 南江堂 ISBN 978-4-524-24531-4
  • THE 分娩 石川 紀子 (編著) メディカ出版 ISBN 978-4-8404-7554-9
  • 人体の骨格筋 上肢 坂井 建雄 (他著) 医学書院 ISBN 978-4-260-04620-6
  • 論より証拠の漢方処方 髙山 真 (編著) 日本医事新報社 ISBN 978-4-7849-4760-7
  • The Psoriasis 2019 森田 明理 (監修) メディカルレビュー社 ISBN 978-4-7792-2352-5
もっと見る