抗菌薬Navi 第2版
  • 有料閲覧
もう迷わない!

抗菌薬Navi 第2版

筆頭著者 三鴨 廣繁 (監修) 愛知医科大学大学院医学研究科感染制御学 教授 その他の著者 坂野昌志 編著 南山堂 電子版ISBN 978-4-525-98264-5 電子版発売日 2018年4月2日 ページ数 320 判型 A5 印刷版ISBN 978-4-525-77442-4 印刷版発行年月 2018年3月

書籍・雑誌概要

本書は抗菌薬の初学者に押さえてほしいポイントを丁寧に整理.改訂版は情報のアップデートに加え,初版を手にした読者からの要望に応え、より臨床に役立つ内容へと刷新.約130種類の薬剤の解説をさらに充実させ,感染制御のエキスパートによる臨床応用や副作用モニタリングのコツを追加した.抗菌薬を攻略する入門書としておすすめの一冊!

目次

第1章 今日から使えるPK/PDの基礎知識
・抗菌薬側からみた感染症治療の考え方
・PK/PDの基本事項
・MICと耐性菌

第2章 今日から使える抗菌薬の基礎知識 
1 ペニシリン系抗菌薬
2 セフェム系抗菌薬
3 カルバペネム系・ペネム系抗菌薬
4 アミノグリコシド系抗菌薬
5 キノロン系抗菌薬
6 マクロライド系抗菌薬
7 テトラサイクリン系抗菌薬
8 抗MRSA薬
9 その他の抗菌薬
 ・モノバクタム系抗菌薬
 ・ホスホマイシン系抗菌薬
 ・ST合剤
 ・リンコマイシン系抗菌薬
 ・メトロニダゾール
 ・ストレプトグラミン系抗菌薬
 ・グリシルサイクリン系抗菌薬
10 抗真菌薬
11 抗結核薬
12 抗ウイルス薬
・抗ヘルペスウイルス薬
・抗サイトメガロウイルス薬
・抗インフルエンザウイルス薬
・抗肝炎ウイルス薬

第3章 今日から使える微生物の基礎知識 
・微生物の分類と特徴
・代表的な微生物

索引


コラム 意外に使える豆知識
1 MICの値が低い抗菌薬ほどよい抗菌薬といえるか?
2 De-escalationとは?
3 β―ラクタマーゼってなに?
4 ESBL,メタロβ―ラクタマーゼってなに?
5 PAEってなに?
6 CRP,発熱,白血球と感染
7 血沈と感染
8 モンテカルロシミュレーションとは
9 %T>MICの計算法
10 ATC/DDDとは

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る