看護サービス管理 第5版
  • 有料閲覧

看護サービス管理 第5版

筆頭著者 小池 智子 (他編) その他の著者 松浦 正子/中西 睦子 医学書院 電子版ISBN 978-4-260-63661-2 電子版発売日 2019年3月25日 ページ数 328 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-260-03661-0 印刷版発行年月 2018年12月

書籍・雑誌概要

本書は、看護サービスの管理を組織マネジメントだけでなく、経済や政策などさまざまな角度からとらえている。さらに、看護サービスの場も病棟のみならず地域(在宅)も含めた広い視野でとらえている。つまり、看護管理学を多角的に学べるようになっている。今回の改訂では、抽象的な理論を具体的に理解できるよう事例を示したり、読者が自ら学べるよう問いを設定したり、知識を身につけられるよう工夫されている。

目次

第1章 看護サービス管理とは何か
 看護サービス管理とは
  1 なぜサービスか
  2 ヒト・モノ・カネ・情報という資源
  3 組織と管理の一般的概念
  4 看護サービス管理の対象
 看護をサービスとしてとらえることの意味
  1 コンシューマリズムの流れ
  2 貨幣経済社会システムからみた看護
  3 サービスの消費者としての患者とサービスの質
 医療費と看護サービス
  1 サービス対価としての医療とその動き
  2 質的ニーズの増大は医療費抑制を招く
  3 看護経済学の可能性
 生産性の高い看護提供システムの構築
  1 システムアプローチ
  2 情報システムがもたらす空間的・時間的効率性
  3 最終的には看護職自身に還元されるシステム

第2章 看護サービス管理の基礎
 リーダーシップ・マネジメント
  1 リーダーとは
  2 リーダーシップ能力
  3 リーダーシップスタイル
  4 状況別リーダーシップ
 モチベーション(動機づけ)
  1 マズローの欲求体系理論
  2 ハーツバーグの二要因理論
  3 強化理論
  4 期待理論
  5 公平理論
 組織の仕組みと機能
  1 人間行動の環境としての組織
  2 医療における組織
  3 組織構造
 管理論(さまざまな管理モデル)
  1 管理論の歴史的変遷
  2 仕事に対する姿勢
  3 マネジメント論
  4 管理職のアセスメント
 組織コミュニケーション
  1 組織とは
  2 コミュニケーションとは
 組織コミュニケーション能力
  1 組織コミュニケーション能力の定義
  2 組織コミュニケーション能力の考え方
  3 組織コミュニケーション能力の向上
 看護管理に必要な組織コミュニケーション能力
  1 組織コミュニケーションにおける管理者の役割
  2 看護管理者に求められる組織コミュニケーションの知識
  3 看護管理者に求められる組織コミュニケーション行動

第3章 看護サービス管理の要素とプロセス
 看護サービス管理の諸要素
  1 マネジメントとは
  2 管理者の仕事
  3 サービスとは
 看護サービス管理のプロセス
  1 アセスメント
  2 プラニング
  3 組織化
  4 行動化
  5 統制

第4章 日本の医療と介護サービス提供システム
 医療経済の仕組み
  1 増嵩する国民医療費
  2 医療経済をミクロで考える
 介護保険制度と看護サービス提供
  1 看護職にとって身近になった介護保険制度
  2 介護保険制度,介護保険法,介護報酬とは
  3 介護保険制度の仕組み
  4 介護保険制度の利用手続き
  5 介護サービスの種類
  6 居宅介護支援/介護支援専門員(ケアマネジャー)とは
  7 介護サービス提供における看護配置基準
  8 医療保険と介護保険の違い
  9 看護サービス管理者に求められるもの
 在宅看護におけるマネジメント
  1 在宅看護が看護マネジメントにとって重要であるわけ
  2 在宅看護の基本的な考え方
 看護サービス提供システムの現状と課題
  1 看護市場(マーケティング)
  2 トランジショナル・ケア
 組織デザインとしてのチーム医療
  1 限りある人的資源の活用
  2 「チームワーク」の質を高める
  3 チーム医療の推進
  4 チームの組織デザイン
  5 「協力の科学」としての医療
  6 チーム医療を促進する組織文化の醸成

第5章 看護行政の仕組みと看護政策
 看護行政の仕組み
  1 看護行政の組織と機能
  2 看護政策の展開
 政策決定過程と看護職の参画
  1 わが国の立法の成立過程
  2 診療報酬改定の過程
  3 政策決定過程への参加

第6章 看護サービスの質保証
 病院機能評価の考え方と仕組み
  1 病院機能評価の沿革
  2 病院機能評価の仕組み
 医療機能評価機構が掲げている課題と評価の視点
  1 地域医療の質向上に寄与するためには
  2 医療の質改善を促進させるための組織への支援
  3 医療の質改善を促進させるための教育
  4 評価の視点とその対応方法
 看護部門の自己評価
  1 看護部理念・目標から評価項目を読み解く
  2 サービスの視点からの質評価
  3 看護実践と評価
  4 トータル・クオリティ・マネジメント(TQM)
 患者満足
  1 患者満足度に関する研究の始まり
  2 患者満足度が注目されてきた背景
  3 患者満足度調査
  4 医療に求められるサービス
  5 患者満足度に影響する要因
 看護師の職務満足
  1 職務満足に関する研究の背景
  2 職務満足はなぜ必要か

第7章 看護サービス管理におけるリスクマネジメント
 医療現場のリスクマネジメント
  1 リスクマネジメントとは―その歴史とわが国の医療現場への導入
  2 システムとしての安全をめざす医療のリスクマネジメント
 リスクマネジメントからみた看護事故防止の考え方
  1 2群の看護事故における危険要因の主たる所在の違い
  2 療養上の世話における事故の防止
  3 診療の補助における事故の防止
 ヒヤリハット事例(インシデント)のリスクマネジメントへの活用
  1 個々事例の分析と活用
  2 多数事例の分析と活用
 リスクマネジメントにおける看護部門の役割
 看護師の労働安全衛生とリスクマネジメント
  1 職業感染
  2 抗がん剤の曝露
  3 放射線の曝露
  4 消毒剤グルタルアルデヒドの曝露
  5 ラテックスアレルギー
  6 患者・家族からの暴力
  7 職業性腰痛
  8 パワーハラスメント
 個人と組織のレジリエンスを高める

第8章 看護と情報管理のシステム
 看護サービスの提供と情報管理
  1 看護サービス提供のプロセス
  2 スタッフナースに必要な情報
  3 看護管理者に必要な情報
 看護を支援する情報システムの実際
  1 求められている看護サービス
  2 診療支援システム
  3 看護ケアを支援するシステム
  4 看護管理を支援するシステム
 看護情報システムの課題と展望
  1 電子カルテと看護
  2 看護実践のための分類基準(標準化の事例)
  3 臨床で用いる看護実践用語の標準化
  4 臨床看護知識の構造化と再利用

第9章 看護キャリア開発
 専門職としての展望
  1 専門職とは
  2 看護の専門職化(プロフェッショナリゼーション)
  3 看護の専門分化
  4 専門分化の統合
 キャリア開発の方策
  1 キャリア開発に関連する用語の整理
  2 組織におけるキャリア開発の位置づけ
  3 キャリア開発モデル
  4 生涯発達の視点
 新人看護師教育―プリセプター制度
  1 プリセプター制度の歴史
  2 わが国のプリセプター制度の特徴
  3 プリセプターの役割
  4 プリセプター制度をめぐる混乱
  5 クリニカルラダーの活用
 現任教育におけるキャリア開発―見えにくい看護の知の見える化の方法
  1 看護師という道を選択した者としてキャリア開発するという自覚
  2 キャリア開発(学習)の2つの方法
  3 理論と実践の統合,統合体としての身体(達人レベルの熟達)をもつ専門職
  4 認識の発展を促す方法
  5 学び続けていく個人として,チームとして,組織として,そして社会とともに

第10章 看護倫理と看護サービス管理
 看護職の体験する倫理的ジレンマ
  1 看護職のジレンマの特質
  2 複雑になった倫理的判断基準
 看護サービス管理の場に生じる倫理的問題
  1 看護管理者の体験する倫理的ジレンマ
  2 管理の場に生じる倫理的問題の例
 看護サービス管理の倫理原則と看護管理者の役割
  1 看護管理者の役割
  2 看護管理者の倫理原則
 看護倫理を実現するシステムづくりと組織文化の創造
  1 看護倫理教育
  2 システムづくり

第11章 看護サービス管理における教育と研究
 看護サービス管理における教育
  1 看護サービス管理の基礎教育
  2 看護管理者の育成と大学院教育
  3 看護情報の電子化は研究と教育をどのように変えてきたか
  4 ケース・メソッドによる看護管理者教育
 看護サービス管理における研究
  1 看護サービス管理研究の動向と課題
  2 研究成果の看護サービス管理への応用―データを生かす

索引

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る