保健師ジャーナル Vol.75 No.8
  • 有料閲覧

保健師ジャーナル Vol.75 No.8

特集 エコチル調査を母子保健活動に活かそう 医学書院 電子版ISSN 1882-1413 電子版発売日 2019年7月29日 ページ数 96 判型 B5 印刷版ISSN 1348-8333 印刷版発行年月 2019年7月

書籍・雑誌概要

特集 エコチル調査を母子保健活動に活かそう エコチル調査(子どもの健康と環境に関する全国調査)は,全国15か所で約10万組の親子を調査対象者として,2010(平成22)年度から開始された長期にわたる追跡調査である。エコチル調査の分析から得られる研究成果は,保健指導や健康施策において科学的根拠として活用できる。本特集ではそれらの成果をどう読むか,母子保健の現場にどう活かせるかについて紹介する。

目次


エコチル調査(子どもの健康と環境に関する全国調査)は,全国15か所で約10万組の親子を調査対象者として,2010(平成22)年度から開始された長期にわたる追跡調査である。エコチル調査の分析から得られる研究成果は,保健指導や健康施策において科学的根拠として活用できる。本特集ではそれらの成果をどう読むか,母子保健の現場にどう活かせるかについて紹介する。

■保健師活動に活かす「エコチル調査」
山縣 然太朗
■全国10万組の親子を対象とした追跡調査
エコチル調査の経緯と今後の展開
新田 裕史
■エコチル調査を読み解くための下準備
山崎 新
■エコチル調査で変わる母子保健
山縣 然太朗
■エコチル調査における小児領域の解析結果の母子保健現場への応用
目澤 秀俊
■エコチル調査におけるユニットセンターの活動
「エコチルやまなし」の取り組みから
小田和 早苗



■PHOTO、Pick Up
「通いの場」を活用した介護予防とその評価
 出雲市の取り組み
下井 輝康
■特別記事
[座談会]2018年北海道胆振東部地震における保健師活動
 市町村・保健所・災害派遣の保健師の受援と支援
石井 安彦,宮本 幸世,玉井 晴子
今井 喜代子,今井 道子,佐藤 きえ子
■活動報告
都市型介護予防モデルの開発
 JAGES「松戸プロジェクト」の概要
櫻庭 唱子,赤崎 美冬,亀田 義人
長嶺 由衣子,近藤 克則



●公衆衛生看護学の体系を事例で学ぶ・5
母子保健分野の事業化事例から
池戸 啓子,安齋 由貴子,岸 恵美子,佐川 きよみ
赤星 琴美,鈴木 由里子,吉岡 京子
●数式不要!はめ込み統計学 保健師のための統計これだけ・8
連続変数の解析 対応のある2群間の比較
 保健指導の効果を統計学的に評価
加藤 丈夫
●見たい統計 自在に分析! 保健医療福祉計画データウェアハウス・16
医師・医療施設調査
岡本 悦司
●ニュースウォーク・255
認知症予防「数値目標」は本当に撤回されたのか
白井 正夫

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る