Japanese

A Ⅱc Type Gastric Mucosal Carcinoma, a Case Report H. Hayakawa 1 , M. Kurihara 1 , T. Hosoi 1 , A. Ishihara 1 , A. Yasui 2 1Dept. of Internal Medicine, Juntendo University. 2Dept. of Surgery, Juntendo University. pp.349-354
Published Date 1971/3/25
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403111516
  • Abstract
  • Look Inside

 A great discrepancy was found between x-ray and endoscopic diagnoses in a case of Ⅱc type mucosal carcinoma on the anterior wall of the stomach. At first, comparison of diagnosis by endoscopy with that by x-ray, clone with double contrast method in both the supine and prone positions, was such that we were sure that x-ray examination did not come up to our expectations, because endoscopy revealed an extensive Ⅱc lesion around a linear ulcer, while the only malignant finding in the x-ray was a depression of irregular shape on the lesser curvature side on the anterior wall of the corpus associated with convergence and abrupt cessation of the mucosal folds. Such a discongruity between these two methods of examination seemed to lessen in a great degree the diagnostic value of double contrast method, which is along with compression method the only available x-ray technique left for us for examining the gastric mucosal surface and superficial changes caused by gastric lesions.

 It is said that double contrast method in the prone position can show a lesion of Ⅱc type cancer only when its is more than 20 mm in diameter. It is also an impression that a lesion on the anterior wall is depicted much less clearly in the prone A-P projection. With due allowance for the ineflfilciency of double contrast method in delineating a very small cancer lesion on the anterior wall, a grave reflection was nevertheless called for. Histological diagnosis, however, was in favor of x-ray diagnosis. Reflection on this case, especially on cooperation of x-ray and endoscopy, led us finally to a correct diagnosis of type Ⅱa small mucosal carcinoma as reported in No.1 Vol.6 of this magazine.


Copyright © 1971, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • 早期胃癌臨床診断の実態 白壁 彦夫 , 西沢 護 , 早川 尚男 , 吉川 保雄 , 栗原 稔 , 塚田 隆憲 , 細井 董三 , 池延 東男 , 黒沢 彬 , 山中 啓子 , 高木 直行 , 織田 貫爾 , 勝田 康夫 , 人見 洋一 , 武田 儀之 , 板井 悠二 , 石橋 幸夫 , 村上 忠重 , 信田 重光 , 安井 昭 医学書院 胃と腸
    7巻 3号 (1972年3月)
    pp.295-300
    • 有料閲覧
  • 早期胃癌症例 白壁 彦夫 , 西沢 護 , 日暮 協 , 早川 尚男 , 大久保 春男 , 吉川 保雄 , 伊藤 俊夫 , 栗原 稔 , 野本 一夫 , 狩谷 淳 , 細井 菫三 , 丸山 雅一 医学書院 胃と腸
    1巻 4号 (1966年7月)
    pp.357-360
    • 有料閲覧
  • 前壁Ⅱc型早期胃癌の1例 藤田 卓三 , 江村 武志 , 渡辺 英介 , 安元 真武 , 染矢 内記 , 高良 勲 , 藤井 正博 , 後藤 淳郎 , 国崎 忠彦 , 有松 祥雄 , 金戸 昭 , 米湊 徹 , 諸隈 一徳 , 佐藤 晋昭 , 谷口 英之輔 医学書院 胃と腸
    3巻 10号 (1968年9月)
    pp.1249-1253
    • 有料閲覧
  • 前壁Ⅱc型早期胃癌の1例 中野 實 医学書院 胃と腸
    23巻 2号 (1988年2月)
    pp.130-132
    • 有料閲覧
  • 前壁Ⅱc型早期胃癌の1例 鈴木 荘一 医学書院 胃と腸
    5巻 12号 (1970年11月)
    pp.1511-1515
    • 有料閲覧
  • 前壁Ⅱc型早期胃癌の1例(1年間経過を追った粘膜内癌) 早川 尚男 , 西沢 護 , 日暮 協 , 大久保 春男 , 野本 一夫 医学書院 胃と腸
    2巻 12号 (1967年12月)
    pp.1529-1534
    • 有料閲覧
  • Ⅱb型早期胃癌の1例 崔 相羽 , 近藤 台五郎 , 高田 洋 , 川口 和夫 , 佐田 博 , 竹田 彬一 , 北川 睦生 , 吉川 保雄 , 安井 昭 医学書院 胃と腸
    7巻 6号 (1972年6月)
    pp.763-769
    • 有料閲覧
  • 前壁Ⅱcの1例 今井 秀夫 , 松浦 真吾 , 林 仁守 , 小野 厳 , 瀬戸 泰士 , 長谷 憲 , 石館 卓三 医学書院 胃と腸
    5巻 13号 (1970年12月)
    pp.1661-1665
    • 有料閲覧
  • 前壁Ⅱcの1例 増田 久之 , 大柴 三郎 , 石岡 国春 , 上野 恒太郎 , 山岸 悟郎 , 五味 朝男 , 望月 福治 , 北川 正伸 , 狩野 敦 , 菅野 悌三 , 山形 淳 , 小檜山 満雄 , 久道 茂 , 八子 英器 , 成田 雄 医学書院 胃と腸
    5巻 2号 (1970年2月)
    pp.243-246
    • 有料閲覧
  • 胃角部前壁Ⅱc型早期癌の1例 有馬 範行 , 平川 和也 , 足立 経一 , 福本 四郎 , 三浦 弘資 医学書院 胃と腸
    25巻 7号 (1990年7月)
    pp.766-768
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有