雑誌文献を検索します。書籍を検索する際には「書籍検索」を選択してください。

検索

書誌情報 詳細検索 by 医中誌

Japanese

Two Cases of Adenocarcinoma Arising in Barrett's Esophagus Katsunori Aoki 1 , Eizo Kaneko 2 , Isamu Kino 3 , Yasuyuki Tokura 4 1The Second Department of Surgery, Hamamatsu University School of Medicine 2The First Department of Internal Medicine, Hamamatsu University School of Medicine 3The First Department of Pathology, Hamamatsu University School of Medicine 4Department of Surgery, Urawa City Hospital Keyword: Barrett食道 , 食道腺癌 , 食道裂孔ヘルニア , ルゴール染色 , 食道dysplasia pp.453-459
Published Date 1990/4/25
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403110638
  • Abstract
  • Look Inside

 Two cases of adenocarcinoma arising in Barrett's esophagus treated in our surgical department are studied both clinically and pathologically, in order to define an acquired Barrett's esophagus, and to clarify a controversial point concerning dysplasia as a precancerous lesion.

 Case 1 was a 60-year-old man complaining of breath odor, and Case 2 was a 69-year-old woman complaining of dysphagia. Clinical examinations in these two cases revealed numerous nodular lesions beyond the squamocolumnar junction and a complication of hiatal hernia. In Case 1, a blunt dissection of the esophagus without thoracotomy was performed because of his reduced pulmonary function, and in Case 2, retrosternal esophagogastrostomy was performed through the right thoracic approach.

 The gross specimens of both cases revealed multiple Ⅱa-like elevated lesions, measurig 35 × 45 mm (Figs. 3, 4) and 40 × 45 mm (Figs. 8, 9) respectively. Microscopically, in Case 1, well differentiated adenocarcinoma was found to have infiltrated only the submucosal layer (Fig. 5), and in Case 2, mucoid adenocarcinoma had invaded the proper muscle layer (Fig. 10 a-d). These two cancers were replaced by metaplastic specialized columnar epithelium. Case 1 died of pulmonary and renal failure postoperatively, and Case 2 has been asymptomatic without evidence of recurrence for the last four years and three months.


Copyright © 1990, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • Barrett食道に発生した食道表在腺癌の1例 玉井 拙夫 , 多羅尾 和郎 , 伊藤 義彦 , 大川 伸一 , 幾世橋 篤 , 高木 精一 , 本橋 修 , 佐野 秀弥 , 小泉 博義 , 南出 純二 , 亀田 陽一 , 飯田 萬一 医学書院 胃と腸
    28巻 2号 (1993年2月)
    pp.225-230
    • 有料閲覧
  • Barrett食道 西巻 正 , 鈴木 力 , 藍沢 喜久雄 , 鈴木 聡 , 大日方 一夫 , 武者 信行 , 桑原 史郎 , 畠山 勝義 医学書院 臨床外科
    52巻 2号 (1997年2月)
    pp.155-160
    • 有料閲覧
  • Barrett食道腺癌(表在癌)の拡大観察—基本と最新知見 郷田 憲一 , 島村 勇人 , 岩谷 勇吾 , 古橋 広人 , 原 裕子 , 土橋 昭 , 陣内 秀仁 , 菅谷 武史 , 土田 幸平 , 富永 圭一 , 眞島 雄一 , 室久 俊光 , 飯島 誠 , 入澤 篤志 医学書院 胃と腸
    54巻 3号 (2019年3月)
    pp.365-373
    • 有料閲覧
  • Barrett食道腺癌に対する日本食道学会拡大内視鏡分類の有用性 郷田 憲一 , 石原 立 , 藤崎 順子 , 竹内 学 , 高橋 亜紀子 , 髙木 靖寛 , 平澤 大 , 門馬 久美子 , 天野 祐二 , 八木 一芳 , 古橋 広人 , 橋本 哲 , 金坂 卓 , 清水 智樹 , 小野 陽一郎 , 山形 拓 , 藤原 純子 , 安積 貴年 , 渡邉 玄 , 大倉 康男 , 西川 正子 , 小山 恒男 医学書院 胃と腸
    56巻 2号 (2021年2月)
    pp.174-185
    • 有料閲覧
  • Barrett食道の内視鏡診断 神津 照雄 , 坂口 文秋 , 山田 英夫 , 荻野 幸伸 , 菱川 悦男 , 芹沢 美和子 , 村岡 実 , 石島 秀紀 , 田中 元 , 宮崎 信一 , 佐久間 洋一 , 小野田 昌一 , 磯野 可一 医学書院 胃と腸
    25巻 4号 (1990年4月)
    pp.399-406
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有