Japanese

Submucosal Cancer of the Sigmoid Colon Rapidly Transforming from Sessile (Is Type) to Superficial Depressed Lesion (IIa+IIc Type), Report of a Case Shin-ichi Izumi 1 , Masafumi Nomura 1 , Hiroshi Kawakami 1 1Department of Gastroenterology, Teina Keizinkai Hospital Keyword: 肉眼形態変化 , 大腸sm癌 pp.1677-1682
Published Date 2001/12/25
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403103393
  • Abstract
  • Look Inside
  • Cited by

 A 49-year-old woman was referred to our center for positive fecal occult blood. Colonoscopic examination revealed a sessile lesion (Is type), approximately 10 mm in size, in the sigmoid colon. Morphologically, it was considered to be an elevated lesion due to massive submucosal invasion. Colonoscopic examination 30 days later revealed that the lesion had metamorphosed to a flat lesion with disappearance of the elevation in the center. In the area where the elevation had disappeared, an irregular shallow depression with uneven surface was observed.

 From these colonoscopic findings, it was diagnosed as a superficial depressed cancer (IIa+IIc type) with massive submucosal invasion. Barium enema radiograph revealed a round radiolucent lesion with a thin, irregular barium collection in the center, 10 mm in size. The profile view showed a semilunar deformity. From these findings combined with high-frequency ultra-sound probe findings, the lesion was finally diagnosed as IIa+IIc type cancer with massive submucosal invasion at the center. Laparoscopic sigmoidectomy was perfomed. In the resected specimen, there was a IIa+IIc type lesion measuring 8×8 mm in size.

 Histologically, it was a well differentiated adenocarcinoma with massive submucosal invasion at the center.

 The tumor border was covered with normal mucosa. The case was thought to be noteworthy for considering the natural course of colorectal cancer.


Copyright © 2001, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • 表面型早期癌の併存をみた上行結腸多発大腸癌の1例 泉 信一 , 野村 昌史 , 三好 茂樹 , 春山 恭子 , 網塚 久人 , 小山内 学 , 河上 洋 , 高橋 邦幸 , 渡辺 晴司 , 伊藤 英人 , 潟沼朗生 , 姜 貞憲 , 桜井 康雄 , 辻 邦彦 , 吉田 晴恒 , 真口 宏介 , 斉藤 裕輔 医学書院 胃と腸
    35巻 8号 (2000年7月)
    pp.1053-1059
    • 有料閲覧
  • 粘膜下腫瘍様の形態を呈した大きさ15mm大の胃内分泌細胞癌の1例 泉 信一 , 野村 昌史 , 小山内 学 , 高橋 邦幸 , 渡辺. 晴司 , 辻 邦彦 , 伊藤 英人 , 潟沼 朗生 , 姜 貞憲 , 桜井 康雄 , 網塚 久人 , 河上 洋 , 吉田 晴恒 , 春山 恭子 , 真口 宏介 , 篠原 敏也 医学書院 胃と腸
    35巻 7号 (2000年6月)
    pp.959-964
    • 有料閲覧
  • 経過観察例からみた“粘液産生膵腫瘍”の治療指針 真口 宏介 , 高橋 邦幸 , 伊藤 英人 , 小山内 学 , 潟沼 朗生 , 網塚 久人 , 河上 洋 , 桜井 康雄 , 林 毅 , 三井 慎也 , 泉 信一 , 野村 昌史 , 吉田 晴恒 , 渡辺 晴司 , 姜 貞憲 , 辻 邦彦 医学書院 消化器画像
    3巻 3号 (2001年5月)
    pp.329-336
    • 有料閲覧
  • 下部胆管腺腫の1例 小山内 学 , 真口 宏介 , 潟沼 朗生 , 河上 洋 , 網塚 久人 , 伊藤 英人 , 高橋 邦幸 , 小泉 一也 , 三井 慎也 , 泉 信一 , 渡辺 晴司 , 野村 昌史 , 桜井 康雄 , 辻 邦彦 , 姜 貞憲 医学書院 消化器画像
    4巻 2号 (2002年3月)
    pp.213-218
    • 有料閲覧
  • 興味ある形態を呈した盲腸結節集簇様病変の1例 泉 信一 , 野村 昌史 , 三好 茂樹 , 小山内 学 , 春山 恭子 , 高橋 邦幸 , 渡辺 晴司 , 辻 邦彦 , 伊藤 英人 , 潟沼 朗生 , 姜 貞憲 , 桜井 康雄 , 宮崎 恭介 , 中村 文隆 , 道家 充 , 真口 宏介 , 篠原 敏也 医学書院 胃と腸
    35巻 5号 (2000年4月)
    pp.683-688
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有