Stomach and Intestine(Tokyo) Volume 46, Issue 12 (November 2011)
Japanese

X-ray Diagnosis of Barrett's Esophagus Cancer Yasuhiro Takaki 1 , Youichiro Ono 1 , Satoshi Ishikawa 1 , Motochika Yasaka 1 , Takahiro Beppu 1 , Fumihito Hirai 1 , Kenshi Yao 1 , Takashi Nagahama 1 , Toshiyuki Matsui 1 , Hiroshi Tanabe 2 , Keisuke Ikeda 2 , Kaname Oshige 2 , Atsuko Ota 2 , Takao Kanemitsu 2 , Seiji Haraoka 2 , Akinori Iwashita 2 , Koji Mikami 3 , Kitaro Futami 3 , Takafumi Maekawa 3 1Department of Gastroenterology, Fukuoka University Chikushi Hospital, Chikushino, Japan 2Department of Pathology, Fukuoka University Chikushi Hospital, Chikushino, Japan 3Department of Surgery, Fukuoka University Chikushi Hospital, Chikushino, Japan Keyword: Barrett食道 , Barrett食道癌 , 腺癌 , X線検査 , 食道造影 pp.1789-1798
Published Date 2011/11/25
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403102406
  • Abstract
  • Look Inside
  • Reference
  • Cited by

 We present an overview of X-ray photography and interpretation of radiography findings of Barrett's esophagus and adenocarcinoma found in Barrett's esophagus. We also compared and examined the radiological findings of a case to its pathological findings. If the esophagogastric junction(EGJ)and squamocolumnar junction(SCJ)can be identified, the origin of the tumor can be estimated by X-ray examination. In addition, fine granular - reticular pattern on the mucosal membrane of Barrett's esophagus can also be visualized by X-ray examination. If the tumor in the area can be well visualized using double contrast radiography, the construction of the lesion can be estimated from the shape of the shadow spot on the frontal view, the color intensity, irregular image of prominence component, its size, and the degree of protrusion. Identification of invasion depth is possible based on deformation and presence or absence of ductile failure on lateral X-rays. However, the results suggested difficulty in diagnosing the progressing part that is flat and is spreading laterally.


Copyright © 2011, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

05362180.46.12.jpg
胃と腸
46巻12号 (2011年11月)
電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • 食道表在癌の初期浸潤像の診断―X線の立場から 高木 靖寛 , 小野 陽一郎 , 石川 智士 , 長浜 孝 , 平井 郁仁 , 別府 孝浩 , 久部 高司 , 松井 敏幸 , 八尾 建史 , 田邊 寛 , 池田 圭祐 , 太田 敦子 , 大重 要人 , 原岡 誠司 , 岩下 明徳 , 三上 公治 , 前川 隆文 医学書院 胃と腸
    47巻 9号 (2012年8月)
    pp.1340-1348
    • 有料閲覧
  • 1)X線診断 高木 靖寛 , 小野 陽一郎 , 平井 郁仁 , 長浜 孝 , 槙 信一朗 , 別府 孝浩 , 矢野 豊 , 松井 敏幸 , 岩下 明徳 , 原岡 誠司 , 池田 圭祐 , 田邉 寛 , 大田 敦子 , 大重 要人 , 金光 高雄 , 冨安 孝成 , 二見 喜太郎 , 前川 隆文 医学書院 胃と腸
    46巻 5号 (2011年5月)
    pp.634-649
    • 有料閲覧
  • 隆起型食道腫瘍の鑑別診断―X線を中心に 高木 靖寛 , 小野 陽一郎 , 高橋 晴彦 , 石川 智士 , 蒲池 紫乃 , 深見 理恵子 , 別府 孝浩 , 長浜 孝 , 久部 高司 , 平井 郁仁 , 松井 敏幸 , 八尾 建史 , 田邊 寛 , 池田 圭祐 , 原岡 誠司 , 岩下 明德 , 三上 公治 , 山本 聡 , 前川 隆文 医学書院 胃と腸
    48巻 3号 (2013年3月)
    pp.279-291
    • 有料閲覧
  • 食道胃接合部腺癌のX線診断─X線造影検査の診断能と限界について 小野 陽一郎 , 長浜 孝 , 八尾 建史 , 石川 智士 , 別府 孝浩 , 平井 郁仁 , 松井 敏幸 , 山本 聡 , 三上 公治 , 前川 隆文 , 田邉 寛 , 太田 敦子 , 池田 圭祐 , 原岡 誠司 , 岩下 明德 , 高木 靖寛 医学書院 胃と腸
    50巻 9号 (2015年8月)
    pp.1129-1140
    • 有料閲覧
  • 食道小扁平上皮癌のX線診断 高木 靖寛 , 長浜 孝 , 平井 郁仁 , 宮岡 正喜 , 別府 孝浩 , 槙 信一朗 , 八尾 建史 , 松井 敏幸 , 田邊 寛 , 池田 圭祐 , 大重 要人 , 太田 敦子 , 西俣 伸亮 , 原岡 誠司 , 岩下 明徳 , 富安 孝成 , 前川 隆文 医学書院 胃と腸
    44巻 11号 (2009年10月)
    pp.1713-1722
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有