Japanese

Diagnosis of Adenocarcinoma of the Esophagogastric Junction by Conventional Endoscopy Hiroaki Takabayashi 1 , Akimichi Chonan 1 , Toshiyuki Mishima 1 , Naoto Miyake 1 , Junichi Ishibashi 1 , Masato Nakahori 1 , Tomoki Matsuda 1 , Akira Haneda 1 , Hidetaka Hamamoto 1 , Hiroyuki Mizuno 1 , Yusuke Miyashita 1 , Jin Lee 1 , Fukuji Mochizuki 2 , Noriyuki Iwama 3 1Digestive Endoscopy Center, Sendai Kousei Hospital, Sendai, Japan 2Health Care Center, Sendai Kousei Hospital, Sendai, Japan 3Department of Pathology, Sendai Kousei Hospital, Sendai, Japan Keyword: 食道胃接合部腺癌 , 萎縮性胃炎 , 内視鏡診断 , 重複癌 pp.1145-1154
Published Date 2009/6/25
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403101706
  • Abstract
  • Look Inside
  • Reference
  • Cited by

 Recently, the incidence of adenocarcinoma of the gastric cardia and the esophagogastric junction, in the United States and most Western countries has increased rapidly. Gastric cardia cancers now account for nearly half of all stomach cancers among white males. On the other hand, rate of noncardia cancer is still higher than that for cardia cancer in Japan. However, there might be a tendency for an increase in the incidence of the adenocarcionoma of the esophagogastric junction(AEG), because the prevalence of reflux esophagitis is increasing in Japan. In this article, the authors investigate the clinicopathological findings of the AEG in the early stage. In conclusion, AEG often arises at the lesser curvature below the esophagogastric junction among old males with moderate to severe atrophic gastritis. In relation to the macroscopic type and the color, almost all of the depressed types are red ; the protruded types are either red or white. There is also a tending to have the other cancers in the stomach. Therefore we should make a minute observation of the whole stomach in the case of AEG.


Copyright © 2009, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • (3)超音波内視鏡による早期胃癌の深達度診断 長南 明道 , 三島 利之 , 三宅 直人 , 石橋 潤一 , 中堀 昌人 , 松田 知己 , 高林 広明 , 羽根田 晃 , 濱本 英剛 , 水野 浩志 , 宮下 祐介 , 李 仁 , 望月 福治 医学書院 胃と腸
    44巻 4号 (2009年4月)
    pp.623-635
    • 有料閲覧
  • 陥凹型小胃癌の診断―通常内視鏡の立場から 三島 利之 , 長南 明道 , 中堀 昌人 , 石橋 潤一 , 松田 知己 , 菅井 俊一郎 , 三宅 直人 , 海東 恵美子 , 高林 広明 , 羽根田 晃 医学書院 胃と腸
    41巻 5号 (2006年4月)
    pp.774-780
    • 有料閲覧
  • 内視鏡による深達度診断のコツと診断困難な早期胃癌―症例を中心に 佐藤 俊 , 長南 明道 , 三島 利之 , 三宅 直人 , 中堀 昌人 , 石橋 潤一 , 松田 知己 , 高林 広明 , 山岡 肇 , 奥薗 徹 , 水野 浩志 , 宮下 祐介 , 濱本 英剛 , 中條 恵一郎 , 西条 勇哉 医学書院 胃と腸
    49巻 1号 (2014年1月)
    pp.65-75
    • 有料閲覧
  • 胃DLBCLの診断と治療―診断 佐藤 俊 , 長南 明道 , 三島 利之 , 三宅 直人 , 中堀 昌人 , 石橋 潤一 , 松田 知己 , 高林 広明 , 山岡 肇 , 奥薗 徹 , 水野 浩志 , 宮下 祐介 , 濱本 英剛 , 遠藤 希之 医学書院 胃と腸
    49巻 5号 (2014年5月)
    pp.710-719
    • 有料閲覧
  • 早期胃癌のEUS深達度診断 三宅 直人 , 長南 明道 , 三島 利之 , 中堀 昌人 , 石橋 潤一 , 松田 知己 , 佐藤 俊 , 羽根田 晃 , 高橋 佳之 , 奧薗 徹 , 水野 浩志 , 宮下 祐介 , 濱本 英剛 , 中條 恵一郎 , 二瓶 公佑 , 望月 福治 医学書院 胃と腸
    47巻 4号 (2012年4月)
    pp.482-489
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有