Japanese

Esophageal Carcinoma with Atypical Tissue―From the Standpoint of Endoscopy(Including EUS) Teruo Kouzu 1 , Kenji Tokita 1 , Yoshiyuki Watanabe 1 , Etsuo Hishikawa 1 , Kazuya Hirano 1 1Department of Endoscopic Diagnostics and Therapeutics, Chiba University School of Medicine Keyword: 食道悪性黒色腫 , 類基底細胞癌 , 食道小細胞癌 , 食道癌肉腫 , 食道腺癌 pp.337-353
Published Date 2005/3/25
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403100041
  • Abstract
  • Look Inside
  • Reference

In Japan, squamous cell carcinomas verified by histological analyses account for some 93 % of the cases of esophageal carcinoma, so, in the current project, we underscored the characteristic images of rare cases of esophageal carcinoma excluding squamous cell carcinoma and Barrett's esophageal carcinoma. We investigated rare cases of esophageal carcinoma, from the standpoint of their specific ; ( 1 )color tone,( 2 )morphology of(such as submucosal tumor and coexistence of comflicated endoscopic features, and( 3 )location of the carcinoma. Regarding the color tone, we presented a case of malignant melanoma and a process during which the black color disappeared due to Heavy-Ion Radiotherapy. As a case looking like a submucosal tumor, we presented cases of basaloid carcinoma and its stages of invasion depth seen in endoscopic images showing the morphological development of the surface depression. As a case of small cell carcinoma, which was actually advanced cancer, EUS visualized dense small spots in the low echoic seat of the disease. As a case of adenosquamous carcinoma showing the co-existence of comflicated endoscopic features we presented findings of a residual part of a carcinoma whose morphology had been changed by preoperative Chemo-Radio-Therapy. As a case of adenocarcinoma without Barrett's epithelium detected in the lower esophagus, we presented a rare case which had generated from the esophagocardiac gland and we explained how to visualize the lesion by EUS and through images taken during EUS.


Copyright © 2005, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • 食道のいわゆる癌肉腫の1例 岡崎 靖史 , 宮崎 信一 , 青木 泰斗 , 飛田 浩二 , 石川 千佳 , 井上 雅仁 , 久保嶋 麻里 , 堀部 大輔 , 岡住 慎一 , 島田 英昭 , 松原 久裕 , 二階堂 孝 , 永井雄一郎 , 神津 照雄 , 落合 武徳 医学書院 胃と腸
    40巻 3号 (2005年3月)
    pp.389-392
    • 有料閲覧
  • 消化管粘膜下腫瘍の超音波内視鏡診断 時田 健二 , 神津 照雄 , 菱川 悦男 , 渡辺 良之 , 二階堂 孝 , 齋藤 康 医学書院 胃と腸
    39巻 4号 (2004年4月)
    pp.485-491
    • 有料閲覧
  • 特殊な食道悪性腫瘍の内視鏡診断 島田 英雄 , 井野元 智恵 , 西 隆之 , 鈴木 俊之 , 古川 大輔 , 富奥 美藤 , 陳 凌風 , 千野 修 , 田島 隆行 , 山本 壮一郎 , 小澤 壯治 , 幕内 博康 医学書院 胃と腸
    54巻 10号 (2019年9月)
    pp.1366-1376
    • 有料閲覧
  • 食道表在癌リンパ節転移診断―EUSの立場から 青木 泰斗 , 神津 照雄 , 宮崎 信一 , 首藤 潔彦 , 岡崎 靖史 , 本島 柳司 , 鍋谷 圭宏 , 島田 英昭 , 松原 久裕 , 岡住 慎一 , 落合 武徳 医学書院 胃と腸
    41巻 2号 (2006年2月)
    pp.207-214
    • 有料閲覧
  • 特殊組織型の食道癌―治療の立場から 細川 正夫 , 本間 義崇 , 福田 直也 , 貝田 佐知子 , 松永 明宏 , 中野 敢友 , 久須美 貴哉 , 西田 靖仙 , 川口 晃 , 藤田 昌宏 医学書院 胃と腸
    40巻 3号 (2005年3月)
    pp.363-370
    • 有料閲覧
  • Barrett食道の内視鏡診断 神津 照雄 , 坂口 文秋 , 山田 英夫 , 荻野 幸伸 , 菱川 悦男 , 芹沢 美和子 , 村岡 実 , 石島 秀紀 , 田中 元 , 宮崎 信一 , 佐久間 洋一 , 小野田 昌一 , 磯野 可一 医学書院 胃と腸
    25巻 4号 (1990年4月)
    pp.399-406
    • 有料閲覧
  • 特殊組織型の食道癌―内視鏡の立場から 幕内 博康 , 島田 英雄 , 千野 修 , 木勢 佳史 , 田仲 曜 , 西 隆之 , 釼持 孝弘 , 田島 隆行 , 山本 壮一郎 , 原 正 , 三朝 博仁 , 武智 晶彦 , 伊藤 英輔 , 名久井 勝 , 星川 竜彦 , 市原 明子 医学書院 胃と腸
    40巻 3号 (2005年3月)
    pp.320-336
    • 有料閲覧
  • 0-Ⅱc+Ⅱb型Barrett食道癌の1切除例 有馬 美和子 , 吉村 清司 , 小出 義雄 , 田崎 健太郎 , 飛田 浩司 , 渡辺 良之 , 岡住 慎一 , 島田 英昭 , 松原 久裕 , 舟波 裕 , 辛 太廣 , 神津 照雄 , 落合 武徳 医学書院 胃と腸
    34巻 2号 (1999年2月)
    pp.177-184
    • 有料閲覧
  • 食道アカラシアの内視鏡診断 神津 照雄 , 菱川 悦男 , 宮崎 信一 , 落合 武徳 医学書院 胃と腸
    35巻 10号 (2000年9月)
    pp.1257-1261
    • 有料閲覧
  • 食道脂肪腫の1例 渡辺 良之 , 神津 照雄 , 菱川 悦男 , 佐藤 徹 , 井上 雅仁 , 新保 泉 医学書院 胃と腸
    43巻 3号 (2008年3月)
    pp.339-343
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有