痛み治療のための超音波ガイド下神経ブロック実践テキスト
  • 有料閲覧

痛み治療のための超音波ガイド下神経ブロック実践テキスト

筆頭著者 齊藤 洋司 (編) 島根大学医学部麻酔科学講座 教授 その他の著者 奥田泰久 南江堂 電子版ISBN 978-4-524-24678-6 電子版発売日 2018年2月19日 ページ数 222 判型 A4 印刷版ISBN 978-4-524-26151-2 印刷版発行年月 2017年7月

書籍・雑誌概要

大きく適応が広がる超音波ガイド下神経ブロックの種類やその具体的な手法を、標準的に解説。臨床の実践に対応できるペインクリニックにおける神経ブロックの実際書。安全性を重視しながら手技のポイントやコツを記載し、読者の経験値に伴って臨床応用ができる。解剖や適応などを解説した上で写真とイラストを対比し、図表を多用し、簡潔な文章で解説した。

目次

【内容目次】
総論
 1.超音波診断装置
 2.超音波プローブとブロック針
 3.神経ブロックに必要な物品
 4.基本的手技
 5.神経ブロックに伴う副作用・合併症
各論
 I 頭部領域
  1.前頭神経ブロック
  2.眼窩下神経ブロック
  3.オトガイ神経ブロック
  4.後頭神経ブロック
 II 頸部領域
  1.星状神経節ブロック
  2.頸神経叢ブロック
  3.神経根ブロック
  4.椎間関節ブロック
 III 上肢領域
  1.腕神経叢ブロック(斜角筋間ブロック)
  2.肩甲上神経ブロック
  3.肩峰下滑液包内注入
  4.筋皮神経ブロック
  5.橈骨神経ブロック
  6.正中神経ブロック
  7.尺骨神経ブロック
  8.腋窩神経ブロック
 IV 体幹領域
  1.肋間神経ブロック
  2.椎間関節ブロック
  3.傍脊椎神経ブロック
  4.神経根ブロック(胸椎)
  5.硬膜外ブロック
  6.腹直筋鞘ブロック
  7.腰神経叢ブロック
  8.仙腸関節ブロック
  9.経仙骨孔ブロック
  10.陰部神経ブロック
 V 下肢領域
  1.股関節ブロック
  2.大腿神経ブロック
  3.外側大腿皮神経ブロック
  4.伏在神経ブロック
  5.閉鎖神経ブロック
  6.坐骨神経ブロック
  7.梨状筋ブロック
  8.膝関節内注入
  9.総腓骨神経ブロック
  10.脛骨神経ブロック
  11.後脛骨神経ブロック
  12.浅腓骨神経ブロック
  13.深腓骨神経ブロック
  14.腓腹神経ブロック
 VI 全身領域
 1.トリガーポイント注射
索引

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る