呼吸器外科単孔式手術マニュアル
  • 有料閲覧

呼吸器外科単孔式手術マニュアル

筆頭著者 単孔式胸腔鏡手術研究会(編) 須田 隆 (編集主幹) 南山堂 電子版ISBN 978-4-525-98392-5 電子版発売日 2021年6月14日 ページ数 105 判型 A4 印刷版ISBN 978-4-525-32251-9 印刷版発行年月 2021年6月

書籍・雑誌概要

呼吸器外科手術は日進月歩で,低侵襲な手技で手術できるように進化している.現在,最も低侵襲な手術の一つとして呼吸器外科単孔式手術があり,本書は本邦初の呼吸器外科単孔式手術をまとめた書籍である.手術手技の基本から実際の動画まではもちろんのこと,単孔式手術の歴史や手術機器の紹介もあり,最初に手にする一冊として十分な内容となっている.精度が高い手技も重要だが安全に手術を行うために必要な知識も盛り込み,手厚い内容となっている.

目次

総論

第1章 単孔式手術の歴史,定義,エビデンス(平井恭二)
1 歴 史
2 定義と胸腔へのアプローチについて
3 エビデンス

第2章 単孔式手術に向けての準備(本間崇浩)
1 手術見学
2 トレーニング
3 手術室の機器とセットアップ

第3章 単孔式手術の基本手技と合併症対策(平井恭二)
1 術者と助手の位置関係
2 胸腔アプローチについて
3 基本手技について
4 合併症対策ならびにトラブルシューティング

第4章 単孔式胸腔鏡手術を安全に開始する場合の単孔式胸腔鏡手術研究会(JUVIG)からの提言(小田 誠,森川利昭)
1 序言:まずは隗より始めよ─単孔式胸腔鏡下肺部分切除の勧め─
2 本提言作成の目的
3 単孔式胸腔鏡手術の英語呼称,切開創長,開創器/ 開胸器使用について
4 呼吸器外科医,手術チームに求められる条件
5 術前の準備,必要な手術器具
6 術者,助手,その他のチームメンバーの役割
7 手術において必要な手技と注意すべき点
8 合併症への対処
9 術後管理
10 教育とトレーニングおよびラーニングカーブ
11 まとめ

各論
第5章 単孔式肺部分切除(佐野由文)
1 手術適応
2 麻酔・体位〜皮膚切開
3 手術器具
4 手術機器と手術チームの配置
5 手術手技
6 手術手技のコツとピットフォール
7 まとめ

第6章 単孔式肺葉切除の基本技術とその応用(Konstantinos Marios Soultanis, Diego Gonzalez-Rivas 和訳:須田 隆)
1 単孔式肺葉切除とは
2 患者選択
3 単孔式手術器具
4 手術室のセットアップ
5 単孔式右上葉切除
6 単孔式右中葉切除
7 単孔式右下葉切除
8 単孔式左上葉切除
9 単孔式左下葉切除
10 リンパ節郭清
11 気管支スリーブ切除

第7章 単孔式肺葉切除術+リンパ節郭清鑷子を使用した側方アプローチ(須田 隆)
1 手術適応
2 手術器具
3 手術機器と手術チームの配置
4 創内の器具の配置
5 手術手技:右上葉切除+リンパ節郭清
6 手術手技:その他の肺葉切除
7 手術手技のコツとピットフォール

第8章 単孔式肺区域切除術のコツとピットフォール(大泉弘幸)
1 手術適応
2 手術器具
3 手術機器と手術チームの配置
4 手術手技
5 手術手技のコツ
6 ピットフォール
7 症例ビデオ
8 まとめ

第9章 単孔式縦隔腫瘍摘出術側胸部アプローチ(大田守雄)
1 手術適応
2 手術器具
3 手術機器と手術チームの配置
4 手術手技
5 手術手技のコツとピットフォール

第10章 剣状突起下アプローチによる単孔式胸腺摘出術(須田 隆)
1 手術適応
2 手術器具
3 手術機器と手術チームの配置
4 手術手技
5 手術手技のコツとピットフォール

索 引

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る