理学療法ジャーナル Vol.53 No.3
  • 有料閲覧

理学療法ジャーナル Vol.53 No.3

特集 こころの問題と理学療法 医学書院 電子版ISSN 1882-1359 電子版発売日 2019年3月11日 ページ数 112 判型 B5 印刷版ISSN 0915-0552 印刷版発行年月 2019年2月

書籍・雑誌概要

特集 こころの問題と理学療法 「こころとからだは表裏一体」であり,主としてからだの問題に対応する理学療法士は「こころの問題」にも配慮を要する.バリアの主体が身体機能低下であっても,心理,精神領域の問題についても考えながら対象者とかかわる必要がある.近年,メンタルヘルスという言葉が労働者の健康管理にかかわる重要な問題として認知されているが,患者さんのメンタルヘルスに配慮した診療などが行えているのか,一度振り返る必要があると考える.本特集では理学療法士がかかわるさまざまな場面での「こころの問題」を取り上げ,現在の動向や実践的な取り組み,今後の発展性などについて解説していただいた.

目次

こころの変調に対する理学療法の役割と将来展望
山本 大誠
精神科領域での理学療法の役割と効果的な介入方法
上薗 紗映
認知症における行動・心理症状の特徴と理学療法の取り組み
小滝 治美
発達障害のこころの問題を理解する-理学療法士としての経験から
多田 智美
下肢切断者と「義足」,「スポーツ」,「社会参加」
梅澤 慎吾
こころの問題を支える理学療法の会話と取り組み
矢口 拓宇

>>> 「EOI(essences of the issue)」こちら(PDFファイル)
特集の各論文の概要をご紹介しています



●脳画像から読み取る障害像と理学療法・3
放線冠梗塞により運動麻痺,感覚障害が生じた一例
遠藤 正英
●とびら
淘汰されないもの
林 宏樹
●1ページ講座 理学療法関連用語~正しい意味がわかりますか?
集学的慢性痛診療
竹内 伸行
●1ページ講座 外国人とのコミュニケーション
ブラジル
宮田 次郎
●入門講座 身近なツールを治療に活かす・3
電気刺激装置
生野 公貴
●講座 理学療法に関するガイドラインupdate 2・3
理学療法に関するガイドラインupdate-膝関節疾患
田中 亮,他
●臨床実習サブノート どうする?
 情報収集・評価・プログラム立案-複雑な病態や社会的背景の症例・11
慢性腎臓病を合併した大腿骨近位部骨折術後患者
重田 暁
●あんてな シリーズ 介護予防への取り組み・3
和歌山県理学療法士協会における介護予防事業の展開
 -サポートステーション機能における理学療法の役割
林元 光広
●学会印象記
第16回日本神経理学療法学会学術集会
 次世代を担う
渡辺 学
第7回日本理学療法教育学会学術大会・第1回日本理学療法士学会管理部門研究会
 これまでの理学療法教育を振り返り,時代に応じた理学療法教育へ転換する
夏井 一生
●私のターニングポイント
「リハビリ」という都合のよい言葉
河合 眞哉
●報告
上肢の肢位変化における体幹機能評価の検証
 -体幹と下肢の筋活動動態に着目して
平林 怜,他
●症例報告
左鼠径部痛と対側の腰椎分離症を併発した一症例
梨本 智史,他
●文献抄録
松田 史代・宮崎 宣丞・田邊 素子・佐藤 洋介

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る