Japanese

Sonographic Diagnosis of Small-intestinal Stenosis Jiro Hata 1 , Hiroshi Imamura 1 , Noriaki Manabe 1 , Ryosuke Kawai 1 , Ai Iida 1 , Machi Tsukamoto 1 , Rui Nakatou 2 , Minoru Fujita 2 , Hiroshi Matsumoto 2 , Manabu Ishii 2 , Akiko Shiotani 2 , Takashi Akiyama 3 , Shuji Hamazaki 3 , Ken Haruma 4 1Division of Endoscopy and Ultrasound, Department of Clinical Pathology and Laboratory Medicine, Kawasaki Medical School, Kurashiki, Japan 2Department of Gastroenterology, Kawasaki Medical School, Kurashiki, Japan 3Department of Pathology, Kawasaki Medical School, Kurashiki, Japan 4Department of General Internal Medicine 2, Kawasaki Hospital, Kawasaki Medical School, Kurashiki, Japan Keyword: 超音波診断 , 小腸 , 腫瘍 , 炎症 , 狭窄 pp.1684-1691
Published Date 2016/12/25
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403200786
  • Abstract
  • Look Inside
  • Reference

 Here we discuss the sonographic diagnosis of small-intestinal stenotic lesions. Stenotic lesions are easy to diagnose when the oral side of the stenosis is dilated. On the other hand, small lesions showing subtle wall thickening without the intestinal distension are difficult to detect with ultrasound. Advanced cancers, malignant lymphomas, and metastatic tumors causing intestinal stenosis manifest as focal wall thickening without a layer structure. Intestinal stenosis due to other causes such as severe ischemia, chronic inflammation, and irradiation manifest as mild wall thickening without stratification. Therefore, it is often difficult to differentiate these diseases only by imaging of the stenotic lesion; hence, images of the rest of the intestinal tract and the patients' clinical history must be considered while making sonographic diagnoses. Because the advantage of ultrasound is its high spatial resolution, which can delineate transmural and even extramural changes, it should be considered as the first-line modality for diagnosing small-intestinal stenotic lesions.


Copyright © 2016, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • 虫垂病変の臨床―画像診断―腹部エコー診断の立場から 畠 二郎 , 今村 祐志 , 眞部 紀明 , 河合 良介 , 中藤 流以 , 鎌田 智有 , 藤田 穣 , 松本 啓志 , 垂水 研一 , 塩谷 昭子 , 春間 賢 , 楠 裕明 , 山下 直人 , 井上 和彦 , 秋山 隆 , 濱崎 周次 医学書院 胃と腸
    49巻 4号 (2014年4月)
    pp.475-482
    • 有料閲覧
  • 消化管の体外式超音波 畠 二郎 , 今村 祐志 , 眞部 紀明 , 河合 良介 , 中藤 流以 , 鎌田 智有 , 藤田 穣 , 松本 啓志 , 石井 学 , 塩谷 昭子 , 楠 裕明 , 山下 直人 , 井上 和彦 , 春間 賢 医学書院 胃と腸
    51巻 7号 (2016年6月)
    pp.917-926
    • 有料閲覧
  • 虚血性腸病変の超音波診断 畠 二郎 , 今村 祐志 , 眞部 紀明 , 河合 良介 , 中藤 流以 , 鎌田 智有 , 藤田 穣 , 松本 啓志 , 垂水 研一 , 塩谷 昭子 , 春間 賢 , 楠 裕明 , 山下 直人 , 井上 和彦 医学書院 胃と腸
    48巻 12号 (2013年11月)
    pp.1769-1777
    • 有料閲覧
  • 炎症性腸疾患の超音波・CT所見 畠 二郎 , 松本 啓志 , 今村 祐志 , 河合 良介 , 眞部 紀明 , 木村 佳起 , 藤田 穣 , 中藤 流以 , 楠 裕明 , 井上 和彦 , 山下 直人 , 鎌田 智有 , 垂水 研一 , 塩谷 昭子 , 春間 賢 医学書院 胃と腸
    48巻 5号 (2013年5月)
    pp.654-664
    • 有料閲覧
  • 薬剤の関与が示唆された良性食道潰瘍の1例 石井 学 , 垂水 研一 , 鎌田 智有 , 松本 啓志 , 藤田 穣 , 大澤 元保 , 村尾 高久 , 木村 佳起 , 塩谷 昭子 , 眞部 紀明 , 畠 二郎 , 楠 裕明 , 秋山 隆 , 定平 吉都 , 山中 義之 , 春間 賢 医学書院 胃と腸
    50巻 3号 (2015年3月)
    pp.353-359
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有