Japanese

MALT Lymphoma without Helicobacter pylori Infection Taking the Form of Submucosal Tumor, Report of a Case Yoshihide Asaumi 1 , Yasuharu Kaizaki 2 , Osamu Hosokawa 3 , Tamon Miyanaga 1 , Naoki Endo 1 , Chikashi Hiranuma 1 , Yuichi Hayashida 1 , Koji Ohta 1 , Hiroyuki Hayashi 1 , Kenji Dohden 1 , Masakazu Hattori 1 1Department of Surgery, Fukui Prefectural Hospital, Fukui, Japan 2Department of Pathology, Fukui Prefectural Hospital, Fukui, Japan 3Department of Surgery, Yokohama Sakae Kyousai Hospital, Kanagawa, Japan Keyword: 胃MALTリンパ腫 , Helicobacter pylori陰性 , 粘膜下腫瘍様隆起 , 形態的特徴 pp.1693-1700
Published Date 2011/10/25
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403102388
  • Abstract
  • Look Inside
  • Reference
  • Cited by

 A fifty-year-old male presented with melena and upper abdominal pain. X-ray and endoscopic examination showed a protruding lesion that appeared to be a submucosal tumor with an ulcer at the lesser curvature in the cardia of the stomach. We clinically diagnosed gastric malignant tumor without Hp(Helicobacter pylori)infection and performed cardiac resection of the stomach. Histologically, small and uniform lymphocytes had diffusely proliferated with lymphoid follicles between the mucosal layer and the muscularis propria of the gastric wall. We finally diagnosed a gastric marginal zone lymphoma of mucosa-associated lymphoid tissue(MALT lymphoma). The macroscopic characteristics of gastric MALT lymphoma without Hp infection are not well known, but such lesions are known to be unresponsive to Hp eradication. It is important for the treatment of gastric tumor that MALT lymphoma be ruled out when making a differential diagnosis of gastric submucosal tumor without Hp infection.


Copyright © 2011, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • 胃glomus腫瘍の1例 北村 祥貴 , 海崎 泰治 , 宮永 太門 , 澤田 幸一郎 , 藤田 麻奈美 , 宮崎 真奈美 , 八木 大介 , 伊藤 誉 , 浅海 吉傑 , 平能 康充 , 林田 有市 , 前田 一也 , 大田 浩司 , 林 裕之 , 道傳 研司 , 服部 昌和 , 橋爪 泰夫 医学書院 胃と腸
    46巻 9号 (2011年8月)
    pp.1397-1402
    • 有料閲覧
  • 早期胃癌診断の現状 細川 治 , 清水 昌毅 , 海崎 泰治 , 宮永 太門 , 浅海 吉傑 , 伊部 直之 , 服部 昌和 , 道傳 研司 , 林田 有市 , 平沼 知加志 医学書院 胃と腸
    44巻 4号 (2009年4月)
    pp.455-464
    • 有料閲覧
  • 早期胃形質細胞腫の1例 奥田 俊之 , 海崎 泰治 , 細川 治 , 服部 昌和 , 道傳 研司 , 林 裕之 , 宮永 太門 , 富田 剛治 , 大野 徳之 医学書院 胃と腸
    42巻 13号 (2007年12月)
    pp.1921-1928
    • 有料閲覧
  • X線検診との比較における胃内視鏡検診有効性評価 細川 治 , 宮永 太門 , 浅海 吉傑 , 海崎 泰治 , 松田 一夫 , 田中 正樹 , 服部 昌和 , 道傳 研司 , 林 裕之 , 平沼 知加志 医学書院 胃と腸
    43巻 8号 (2008年7月)
    pp.1203-1210
    • 有料閲覧
  • 巨大な囊胞を形成した胃GISTの1例 新田 佳苗 , 海崎 泰治 , 細川 治 , 森下 実 , 加藤 成 , 奥田 俊之 , 大田 浩司 , 宮永 太門 , 林 裕之 , 道傳 研司 , 服部 昌和 , 田口 誠一 医学書院 胃と腸
    41巻 11号 (2006年10月)
    pp.1589-1596
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有