Japanese

Early Transeverse Colon Carcinoma which was Difficult to Diagnose Naoko Maruyama 1 , Makoto Watanabe 2 , Hirokazu Ikuno 1 , Yuichiro Ichikawa 1 , Yoshiteru Maeda 1 , Akemi Matsuoka 1 , Masaaki Okubo 1 , Naruomi Komura 1 , Daisuke Yoshioka 1 , Toshiaki Kamano 1 , Joh Yonemura 1 , Tomomitsu Tahara 1 , Yoshio Kamiya 1 , Hiroshi Fujita 1 , Masakatsu Nakamura 1 , Yoshihito Nakagawa 1 , Mitsuo Nagasaka 1 , Masami Iwata 1 , Tomoyuki Shibata 1 , Ichiro Hirata 1 1Department of Gastroenterology and Internal Medicine, Fujita Health University, Toyoake, Japan 2Watanabe Clinic, Toyota, Japan Keyword: 早期大腸癌 , 陥凹内隆起 , AVM pp.1037-1045
Published Date 2010/5/25
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403101960
  • Abstract
  • Look Inside
  • Reference

 A female over 50 years of age was referred to our department for further examination because of positive occult blood in her feceas. Total colonoscopy demonstrated a protruded lesion with a surrounding depressed part in the transverse colon. Usually, this morphological type has been classified a type Is+IIc. NBI(narrow band imaging)observation revealed Sano's type IIIA, Hiroshima's type C1 and Showa's irregular surface vascular pattern which means mucosal carcinoma. Magnifying observation with crystal violet dyeing showed VI mild irregular pit pattern consisting of oval long pit and small pit. In ultrasonic endscopy, the tumor's low echoic area, which was suspected as a mucinous lesion or blood vessels, invading the submucosal layer. On a whole, we diagnosed this lesion as early colonic caricinoma which had invaded at least to the mid-submucosal layer. We operated laparoscopy-assisted partial transverse colectomy. Histopathological examination revealed well differentiated mucosal adenocarcinoma(tub1), pM, ly0, v0 with no metastasis but having a submucosal large artery.

 This case was thought to be uncommon as regards the submucosal large artery and mucosal type Is+IIc carcinoma which had invaded the deep subumucosal layer.


Copyright © 2010, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • Crohn病小腸病変に対する治療効果―インフリキシマブの粘膜治癒効果 長坂 光夫 , 平田 一郎 , 藤田 浩史 , 鎌野 俊彰 , 小村 成臣 , 市川 裕一朗 , 城代 康貴 , 大森 崇史 , 加藤 祐子 , 前田 佳照 , 生野 浩和 , 釜谷 明美 , 米村 穣 , 大久保 正明 , 吉岡 大介 , 丸山 尚子 , 中村 正克 , 石塚 隆充 , 中川 義仁 , 岩田 正己 , 柴田 知行 医学書院 胃と腸
    45巻 10号 (2010年9月)
    pp.1642-1655
    • 有料閲覧
  • 上部消化管内視鏡にて“竹の節状外観”を呈した全大腸炎型潰瘍性大腸炎の1例 長坂 光夫 , 平田 一郎 , 藤田 浩史 , 長谷川 申 , 有馬 裕子 , 嶋崎 宏明 , 吉岡 大介 , 丸山 尚子 , 田原 智満 , 中村 雅彦 , 神谷 芳雄 , 中村 正克 , 岩田 正己 , 柴田 知行 , 高濱 和也 , 渡邊 真 , 有沢 富康 , 中野 浩 医学書院 胃と腸
    42巻 4号 (2007年4月)
    pp.499-504
    • 有料閲覧
  • Crohn病に対する小腸内視鏡の有用性 長坂 光夫 , 平田 一郎 , 高濱 和也 , 有馬 裕子 , 吉岡 大介 , 嶋崎 宏明 , 丸山 尚子 , 田原 智満 , 長谷川 申 , 中村 雅彦 , 神谷 芳雄 , 藤田 浩史 , 中村 正克 , 高木 環 , 岩田 正己 , 柴田 知行 , 渡邊 真 , 有沢 富康 , 中野 浩 医学書院 胃と腸
    41巻 12号 (2006年11月)
    pp.1649-1660
    • 有料閲覧
  • NSAID起因性小腸病変を来した関節リウマチの1例 岩田 正己 , 平田 一郎 , 丸山 尚子 , 鎌野 俊彰 , 田原 智満 , 神谷 芳雄 , 中村 雅彦 , 藤田 浩史 , 中村 正克 , 長坂 光夫 , 柴田 知行 , 高濱 和也 , 渡邊 真 , 有沢 富康 医学書院 胃と腸
    42巻 12号 (2007年11月)
    pp.1781-1790
    • 有料閲覧
  • 3. Crohn病におけるCT enterographyとMRI 岩田 正己 , 平田 一郎 , 加藤 良一 , 赤松 北斗 , 藤井 直子 , 片田 和広 , 丸山 尚子 , 鎌野 俊彰 , 田原 智満 , 神谷 芳雄 , 中村 雅彦 , 藤田 浩史 , 中村 正克 , 長坂 光夫 , 柴田 知行 , 高濱 和也 , 渡邊 真 , 有沢 富康 医学書院 胃と腸
    43巻 4号 (2008年4月)
    pp.735-739
    • 有料閲覧
  • 3) 強皮症 小林 恭子 , 岩田 正己 , 平田 一郎 , 小野田 覚 , 水谷 昭衛 , 有馬 裕子 , 吉岡 大介 , 嶋崎 宏明 , 丸山 尚子 , 鎌野 俊彰 , 田原 智満 , 神谷 芳雄 , 中村 雅彦 , 中村 正克 , 長坂 光夫 , 柴田 知行 , 高濱 和也 , 渡邊 真 , 有沢 富康 医学書院 胃と腸
    43巻 4号 (2008年4月)
    pp.692-698
    • 有料閲覧
  • S状結腸表面型serrated adenomaに合併した粘膜内癌の1例 渡邊 真 , 丸山 尚子 , 田原 智満 , 中村 雅彦 , 長谷川 申 , 神谷 芳雄 , 中村 正克 , 長坂 光夫 , 岩田 正己 , 柴田 知行 , 高濱 和也 , 有沢 富康 , 平田 一郎 , 黒田 誠 , 中野 浩 医学書院 胃と腸
    42巻 3号 (2007年3月)
    pp.337-342
    • 有料閲覧
  • IFX抵抗あるいは効果減弱例の臨床・画像所見の特徴 長坂 光夫 , 藤田 浩史 , 鎌野 俊彰 , 小村 成臣 , 生野 浩和 , 城代 康貴 , 大森 崇史 , 釜谷 明美 , 丸山 尚子 , 中川 義仁 , 柴田 知行 , 平田 一郎 医学書院 胃と腸
    47巻 10号 (2012年9月)
    pp.1474-1486
    • 有料閲覧
  • confocal laser endomicroscopyを用いた小腸炎症性病変の評価 大宮 直木 , 堀口 徳之 , 田原 智満 , 寺田 剛 , 尾﨑 隼人 , 吉田 大 , 前田 晃平 , 大森 崇史 , 城代 康貴 , 生野 浩和 , 小村 成臣 , 鎌野 俊彰 , 大久保 正明 , 長坂 光夫 , 中川 義仁 , 柴田 知行 医学書院 胃と腸
    53巻 2号 (2018年2月)
    pp.221-225
    • 有料閲覧
  • 共焦点レーザー内視鏡からみた小腸血管性病変の生体内顕微観察 鎌野 俊彰 , 吉田 大 , 寺田 剛 , 尾崎 隼人 , 堀口 徳之 , 大森 崇史 , 前田 晃平 , 城代 康貴 , 生野 浩和 , 小村 成臣 , 大久保 正明 , 田原 智満 , 長坂 光夫 , 中川 義仁 , 柴田 知行 , 大宮 直木 医学書院 胃と腸
    53巻 6号 (2018年5月)
    pp.869-872
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有