Japanese

Small Bowel Adenoma and Carcinoma Akihito Ehara 1 , Shu Tanaka 1 , Atsushi Tatsuguchi 1 , Yukie Yamada 1 , Yoko Takahashi 1 , Tsuyoshi Kobayashi 1 , Yoshihisa Sekita 1 , Tsuguhiko Seo 1 , Keigo Mitsui 1 , Masaoki Yonezawa 1 , Yoshiaki Shibata 1 , Shunji Fujimori 1 , Choitsu Sakamoto 1 1Department of Internal Medicine, Division of Gastroenterology, Nippon Medical School Hospital, Tokyo Keyword: 小腸癌 , 小腸腺腫 , 家族性大腸腺腫症 , ダブルバルーン内視鏡 , カプセル内視鏡 pp.527-532
Published Date 2008/4/24
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403101325
  • Abstract
  • Look Inside
  • Reference
  • Cited by

 Although, in principle, it is not necessary to treat small bowel adenoma, because of its benign characteristics, there is always a possibility of carcinoma arising from adenoma. Therefore, it is useful for patients to be screened by capsule endoscopy (CE) and treated by double balloon endoscopy (DBE). In particular, it is necessary to pay attention to patients with familial adenomatous polyposis because there is a high risk that their duodenal adenoma can change to carcinoma. There are no specific symptoms in patients with small bowel carcinoma, so it is difficult to diagnose it at an early stage by imaging modalities such as radiological enteroclysis and computed tomography, and classical endoscopy. However, DBE makes it possible to diagnose the carcinoma of the entire small bowel at an early stage by taking tissue samples for pathological assessment. Small bowel tumors can be diagnosed at an early stage by combining image modalities, CE and DBE, safely and efficiently, resulting in improving the patient's prognosis. In the near future, we expect that the patency capsule will be approved for use and effective chemotherapy for small bowel carcinoma will be established.


Copyright © 2008, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • ダブルバルーン小腸内視鏡検査の有用性―カプセル内視鏡検査との比較 三井 啓吾 , 田中 周 , 江原 彰仁 , 小林 剛 , 関田 祥久 , 瀬尾 継彦 , 米澤 真興 , 永田 和弘 , 柴田 喜明 , 辰口 篤志 , 藤森 俊二 , 岸田 輝幸 , 坂本 長逸 医学書院 胃と腸
    40巻 11号 (2005年10月)
    pp.1518-1527
    • 有料閲覧
  • 分類困難な小腸潰瘍・びらんの現状 藤森 俊二 , 秋元 直彦 , 大森 順 , 遠坂 由紀子 , 小杉 友紀 , 鈴木 将大 , 馬來 康太郎 , 春日 祐介 , 杉浦 陽子 , 江原 彰仁 , 三井 啓吾 , 米澤 真興 , 田中 周 , 辰口 篤志 , 坂本 長逸 医学書院 胃と腸
    49巻 9号 (2014年8月)
    pp.1303-1308
    • 有料閲覧
  • 出血を来す小腸腫瘍性病変の診断と治療─上皮性腫瘍 三井 啓吾 , 田中 周 , 橋野 史彦 , 片岡 宏章 , 梅田 隆満 , 髙木 信介 , 西本 崇良 , 大森 順 , 秋元 直彦 , 佐藤 航 , 米澤 真興 , 辰口 篤志 , 藤森 俊二 , 岩切 勝彦 医学書院 胃と腸
    53巻 6号 (2018年5月)
    pp.848-856
    • 有料閲覧
  • 小腸上皮性腫瘍(癌・腺腫) 横山 善文 , 妹尾 恭司 , 片岡 洋望 , 佐々木 誠人 , 奥村 文美典 , 渡辺 勝志 , 竹園 康秀 , 伊藤 雄介 , 谷田 諭史 , 松井 泰道 , 大島 忠之 , 等々力 勇三 , 藤田 史岳 , 溝下 勤 , 城 卓志 , 伊藤 誠 , 土田 研司 , 金森 俊成 医学書院 胃と腸
    36巻 7号 (2001年6月)
    pp.883-890
    • 有料閲覧
  • 1) ポリポーシス症候群 桑木 光太郎 , 唐原 健 , 河野 弘志 , 増田 淳也 , 山崎 博 , 光山 慶一 , 鶴田 修 , 佐田 通夫 医学書院 胃と腸
    43巻 4号 (2008年4月)
    pp.679-685
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有