Japanese

Endoscopic Diagnosis for Iodine Unstained Lesion of the Esophagus Yuichi Shimizu 1 , Mototsugu Kato 1 , Junji Yamamoto 2 , Takeshi Yoshida 2 , Jojo Hirota 2 , Yuji Ono 2 , Shouko Ono 2 , Yasufumi Mori 2 , Manabu Nakagawa 1 , Souichi Nakagawa 2 , Masahiro Asaka 2 1Division of Endoscopy, Hokkaido University Hospital 2Third Department of Internal Medicine, Hokkaido University School of Medicine Keyword: 早期食道癌 , ヨード染色 , dysplasia , 異形成 , 上皮内癌 pp.176-182
Published Date 2006/2/25
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403100270
  • Abstract
  • Look Inside
  • Reference
  • Cited by

The ability to detect early squamous neoplasia of the esophagus can be enhanced considerably by iodine staining during endoscopic examination. Endoscopic screening with iodine staining for high-risk populations is recommended in order to detect early squamous lesions of the esophagus. High-risk populations have been reported to be men who are heavy smokers and heavy drinkers and patients with other current or prior primary cancers. The normal epithelium is stained by iodine, which interacts with glycogen present in the tissue. Carcinomas containing no glycogen remain unstained and are thus clearly demarcated from the surrounding normal mucosa. According to the WHO classification, intraepithelial squamous neoplasia is graded as high-grade(HGN)when both architectural and cytological abnormalities occur in the upper half of the epithelium, so HGN will be observed as an iodine unstained area with pink color. By using the pink color sign as an index of HGN or invasive squamouc cell carcinoma for iodine unstained flat lesions of the esophagus, we were able to obtain good diagnostic results(sensitivity 90 %, specificity 94 %). The pink color sign is useful especially in patients with esophageal mucosa showing many minute iodine unstained areas(scattered type).


Copyright © 2006, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • 食道Behcet潰瘍と考えられた1例 小野 雄司 , 清水 勇一 , 吉田 武史 , 廣田 ジョージョ , 小野 尚子 , 加藤 元嗣 , 浅香 正博 医学書院 胃と腸
    43巻 3号 (2008年3月)
    pp.369-375
    • 有料閲覧
  • Helicobacter pylori除菌後の多発胃癌 加藤 元嗣 , 小野 尚子 , 高橋 正和 , 品田 恵佐 , 羽田 政平 , 山本 桂子 , 吉田 武史 , 間部 克裕 , 清水 勇一 , 浅香 正博 , 森 康明 , 中川 学 , 中川 宗一 医学書院 胃と腸
    46巻 1号 (2011年1月)
    pp.75-82
    • 有料閲覧
  • 低用量aspirinによる胃粘膜傷害 加藤 元嗣 , 小野 尚子 , 中川 学 , 清水 勇一 , 西田 麗 , 今井 亜希 , 吉田 武史 , 幡 有 , 廣田 ジョージョ , 鎌田 豪 , 高木 貴久子 , 浅香 正博 , 中川 宗一 医学書院 胃と腸
    42巻 12号 (2007年11月)
    pp.1759-1766
    • 有料閲覧
  • H. pylori陽性消化性潰瘍―若年者と中高年者の相違 間部 克裕 , 加藤 元嗣 , 鈴木 美櫻 , 石垣 沙織 , 羽田 政平 , 高橋 正和 , 小野 尚子 , 清水 勇一 , 森 康明 , 中川 学 , 中川 宗一 , 工藤 俊彦 , 武田 弘明 , 大泉 晴史 , 浅香 正博 医学書院 胃と腸
    46巻 9号 (2011年8月)
    pp.1333-1339
    • 有料閲覧
  • Helicobacter pylori感染と胃癌―除菌による胃癌の予防は可能か 加藤 元嗣 , 小野 尚子 , 清水 勇一 , 羽田 政平 , 小林 智絵 , 浅香 瑠美子 , 山本 桂子 , 西田 麗 , 今井 亜希 , 吉田 武史 , 浅香 正博 , 中川 学 , 中川 宗一 医学書院 胃と腸
    44巻 9号 (2009年8月)
    pp.1402-1411
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有