Japanese

X-ray Diagnosis of Type Ⅱb Early Gastric Cancer: Evaluation of Findings in the Roentgenogram of Ⅱb S. Tsukasa 1 , S. Ehira 1 , N. Nakahara 1 , T. Otsuji 2 , T. Tani 3 12nd Dept. of Int. Med., Kagoshima University School of Medicine 2Dept. of Surgery, Nanpu Hospital 3Dept. of Radiology, Nanpu Hospital pp.9-20
Published Date 1972/1/25
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403108966
  • Abstract
  • Look Inside
  • Cited by

 Four cases of Ⅱb (concomitant Ⅱb-like lesion, spreading around either Ⅱc or Ⅱa, have been studied for some possible roentgenological clues to Ⅱb.

 As there are as yet some indefinite aspects in the definition of Ⅱb allowing various interpretations to investigators, the present study is based on the understanding that Ⅱb is a type of early gastric cancer that has, on the macroscopic level, the same height as the surrounding normal mucosa.

 The en fáce pictures of Ⅱb have been studied through dividing them into a granular pattern, a sulcus-like shadow and a pale barium shadow, but after all we could not find any specific finding that characterize Ⅱb.

 Study of the above-mentioned four cases have shown that in an area between the normal and suspicious mucosal surface the patterns of the areae gastricae were such that no distinct border line could be drawn. However, on further detailed examinations, we have found the following slight difference in their x-ray findings. In Ⅱb areas granules were slightly larger, more roundish and radiolucent. Sulcus-like shadows were more uneven in breadth, irregular in shape and of varying sizes. These shadows were more often encountered. Pale barium shadow was far paler than that of Ⅱc. After all, clues to x-ray signs of Ⅱ b can only be found in the relative difference between it and the normal mucosa as visualized in x-ray pictures. In particular, slight difference in radiolucency sometimes affords a key to the diagnosis of Ⅱb.

 In the double contrast picture, slight rigidity of the gastric wall was noticed together with its irregularity and abnormal adhesion of the contrast medium.

 The possibility in the diagnosis of Ⅱb lesion is greatly influenced whether or not the lesion is concomitant, solitary, typical, or of wide extent, and also by the nature of non-cancerous adjoining mucosa. By far of utmost importance is the technical problem involved in the accurate delineation of slight difference between the normal and pathological mucosal surface. If this has been solved to a certain degree, then would the diagnosis of Ⅱb have a better chance of success.


Copyright © 1972, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • 重複微小早期胃癌の1例 中原 信昭 , 中馬 康男 , 政 信太郎 , 江平 征郎 , 西俣 寛人 , 堀 雅英 , 入佐 俊昭 , 西俣 嘉人 , 徳留 一博 , 古賀 大士 , 中島 義行 , 横山 広太 , 谷口 裕 , 尾辻 達志 , 谷 俊雄 医学書院 胃と腸
    9巻 3号 (1974年3月)
    pp.385-390
    • 有料閲覧
  • 微小Ⅱc型早期胃癌の1例 政 信太郎 , 中馬 康男 , 中原 信昭 , 江平 征郎 , 堀 雅英 , 納 利一 , 入佐 俊昭 , 西俣 嘉人 , 徳留 一博 , 中島 義行 , 山本 望 , 堀 彰夫 , 谷 俊雄 医学書院 胃と腸
    8巻 5号 (1973年5月)
    pp.655-660
    • 有料閲覧
  • 潰瘍性大腸炎のX線診断 政 信太郎 , 西俣 寛人 , 堀 雅英 , 西俣 嘉人 , 入佐 俊昭 , 徳留 一博 , 古賀 大士 , 中島 義行 , 森 秀美 , 柳田 勤 , 谷山 茂樹 , 西俣 寿人 , 佐伯 啓三 , 牧 猛 , 美園 俊明 , 山筋 忠 , 石神 信治 , 中馬 康男 , 橋本 修治 , 中原 信昭 , 江平 征郎 , 大石 功 医学書院 胃と腸
    11巻 8号 (1976年8月)
    pp.977-986
    • 有料閲覧
  • S状結腸癌のMass Screening―近接X線テレビ装置によるルーチンX線検査 政 信太郎 , 入佐 俊昭 , 西俣 嘉人 , 西俣 寛人 , 堀 雅英 , 徳留 一博 , 古賀 大士 , 中島 義行 , 柳田 勤 , 谷山 茂樹 , 西俣 寿人 , 森 秀美 , 佐伯 啓三 , 牧 猛 , 美園 俊明 , 山筋 忠 , 石神 信治 , 中馬 康男 , 橋本 修治 , 中原 信昭 , 江平 征郎 医学書院 胃と腸
    12巻 2号 (1977年2月)
    pp.157-168
    • 有料閲覧
  • レントゲノグラムからみた浸潤範囲と深達度の判定―とくに深達度にポイントをおいて 政 信太郎 , 西俣 寛人 , 入佐 俊昭 , 西俣 嘉人 , 堀 雅英 , 徳留 一博 , 古賀 大士 , 中島 義行 , 谷山 茂樹 , 西俣 寿人 , 森 秀美 , 柳田 勤 , 牧 猛 , 美園 俊明 , 山筋 忠 , 石神 信治 , 佐伯 啓三 , 中馬 康男 , 橋本 修治 , 中原 信昭 , 江平 征郎 医学書院 胃と腸
    12巻 8号 (1977年8月)
    pp.1017-1030
    • 有料閲覧
  • Ⅱb型早期胃癌のX線診断 熊倉 賢二 , 丸山 雅一 , 杉山 憲義 , 高田 亮 , 落合 英朔 , 竹腰 隆男 , 植田 紘一 , 山瀬 裕彦 , 山脇 忠晴 , 高木 国夫 , 中村 恭一 医学書院 胃と腸
    7巻 1号 (1972年1月)
    pp.21-36
    • 有料閲覧
  • 小さな未分化型胃癌のX線診断 西俣 寛人 , 政 信太郎 , 瀬戸山 史郎 , 堀 雅英 , 西俣 嘉人 , 入佐 俊昭 , 西俣 寿人 , 美園 俊明 , 中村 勇一 , 宇留島 一郎 , 新山 徹美 , 相良 有一 , 有馬 暉勝 医学書院 胃と腸
    24巻 12号 (1989年12月)
    pp.1353-1366
    • 有料閲覧
  • Ⅱb型早期胃癌 福富 久之 , 市岡 四象 , 西沢 護 , 岸 清一郎 , 上野 恒太郎 , 熊倉 賢二 , 丸山 雅一 , 白壁 彦夫 , 福地 創太郎 医学書院 胃と腸
    7巻 1号 (1972年1月)
    pp.54-68
    • 有料閲覧
  • 小腸クローン病のX線診断 政 信太郎 , 徳留 一博 , 入佐 俊昭 , 西俣 嘉人 , 西俣 寛人 , 中島 義行 , 古賀 大士 , 谷山 茂樹 , 柳田 勤 , 森 秀美 , 西俣 寿人 , 中馬 康男 , 橋本 修治 , 白壁 彦夫 , 西沢 護 , 中村 恭一 医学書院 胃と腸
    13巻 3号 (1978年3月)
    pp.335-349
    • 有料閲覧
  • 胃癌の自然史―噴門部癌の発育進展形式 西俣 寛人 , 瀬戸山 史郎 , 西俣 嘉人 , 美園 俊明 , 中原 信昭 , 政 昌子 , 江平 征郎 , 堀 雅英 , 入佐 俊昭 , 西俣 寿人 , 有馬 暉勝 , 永田 政幸 , 末永 豊邦 , 肝付 兼達 , 黒木 克郎 , 島津 久明 医学書院 胃と腸
    27巻 1号 (1992年1月)
    pp.25-38
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有