Japanese

Using CT Enterograpy to Evaluate Small Bowel Disease Complicating Crohn's Disease Masami Iwata 1 , Ryoichi Kato 2 , Kazuhiro Katada 2 , Ichiro Hirata 1 , Naoko Maruyama 1 , Toshiaki Kamano 1 , Hiroshi Fujita 1 , Mitsuo Nagasaka 1 , Yoshihito Nakagawa. 1 1Department of Gastroenterology, Fujita Health University, Toyoake, Japan 2Department of Radiology, Fujita Health University, Toyoake, Japan Keyword: Crohn病 , MSCT , CT enterography , CT enteroclysis pp.1682-1687
Published Date 2010/9/25
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403102027
  • Abstract
  • Look Inside
  • Reference
  • Cited by

 CT enteroclysis and CT enterography are methods of examining the small bowel using Multislice CT. We have encountered three cases of complications with stenosis of the intestine, abdominal abscess, and bleeding of the intestine with hypovolemic shock in Crohn's disease. The MPR technique is useful for diagnosing such complications. CT enterography and CT enteroclysis improve the ability to investigate small bowel disease, using MSCT with preparations of enteral material. Distension of the small bowel disturbs the findings of small bowel disease in Crohn's disease. New modalities have appeared for investigating diseases of the small bowel, for example capsule endoscopy, small bowel barium study, small bowel endoscopy and CT enterography. CT is superior in demonstrating mesenteric inflammation, abscesses, fistula of the intestine and other organs, and lymph nodes. The MPR technique with CT enteroclysis, CT enterography, and MSCT is a useful and non-invasive method for the evaluation of intestinal complications of Crohn's disease.


Copyright © 2010, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • 3. Crohn病におけるCT enterographyとMRI 岩田 正己 , 平田 一郎 , 加藤 良一 , 赤松 北斗 , 藤井 直子 , 片田 和広 , 丸山 尚子 , 鎌野 俊彰 , 田原 智満 , 神谷 芳雄 , 中村 雅彦 , 藤田 浩史 , 中村 正克 , 長坂 光夫 , 柴田 知行 , 高濱 和也 , 渡邊 真 , 有沢 富康 医学書院 胃と腸
    43巻 4号 (2008年4月)
    pp.735-739
    • 有料閲覧
  • 小腸疾患に対するCT enterographyの有用性 岩田 正己 , 平田 一郎 , 加藤 良一 , 渡邊 達昭 , 丸山 尚子 , 中村 雅彦 , 渡邊 真 , 花井 恒一 , 升森 宏司 , 片田 和廣 , 中野 浩 医学書院 胃と腸
    41巻 12号 (2006年11月)
    pp.1669-1682
    • 有料閲覧
  • Crohn病小腸病変に対する治療効果―インフリキシマブの粘膜治癒効果 長坂 光夫 , 平田 一郎 , 藤田 浩史 , 鎌野 俊彰 , 小村 成臣 , 市川 裕一朗 , 城代 康貴 , 大森 崇史 , 加藤 祐子 , 前田 佳照 , 生野 浩和 , 釜谷 明美 , 米村 穣 , 大久保 正明 , 吉岡 大介 , 丸山 尚子 , 中村 正克 , 石塚 隆充 , 中川 義仁 , 岩田 正己 , 柴田 知行 医学書院 胃と腸
    45巻 10号 (2010年9月)
    pp.1642-1655
    • 有料閲覧
  • Crohn病に対する小腸内視鏡の有用性 長坂 光夫 , 平田 一郎 , 高濱 和也 , 有馬 裕子 , 吉岡 大介 , 嶋崎 宏明 , 丸山 尚子 , 田原 智満 , 長谷川 申 , 中村 雅彦 , 神谷 芳雄 , 藤田 浩史 , 中村 正克 , 高木 環 , 岩田 正己 , 柴田 知行 , 渡邊 真 , 有沢 富康 , 中野 浩 医学書院 胃と腸
    41巻 12号 (2006年11月)
    pp.1649-1660
    • 有料閲覧
  • NSAID起因性小腸病変を来した関節リウマチの1例 岩田 正己 , 平田 一郎 , 丸山 尚子 , 鎌野 俊彰 , 田原 智満 , 神谷 芳雄 , 中村 雅彦 , 藤田 浩史 , 中村 正克 , 長坂 光夫 , 柴田 知行 , 高濱 和也 , 渡邊 真 , 有沢 富康 医学書院 胃と腸
    42巻 12号 (2007年11月)
    pp.1781-1790
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有