雑誌文献を検索します。書籍を検索する際には「書籍検索」を選択してください。

検索

書誌情報 詳細検索 by 医中誌

Japanese

Gastric Cancer Undetected in the Last Examination, Report of a Case Takayoshi Sonoda 1 , Yousuke Iriguchi 2 , Jouji Oda 2 , Yasuhiro Tomino 2 , Nobukazu Yorimitsu 2 , Akihiko Yamamura 3 , Hideaki Naoe 1 , Ryousuke Gushima 1 , Hideaki Miyamoto 1 , Youki Furuta 1 , Kenshi Matsuno 1 , Akira Yamasaki 1 , Miyuki Imamura 1 , Munenori Honda 1 , Koutaro Waki 1 , Yasuhito Tanaka 1 1Department of Gastroenterology, Kumamoto University Hospital, Kumamoto, Japan 2Department of Gastroenterology, Tokyo Metropolitan Cancer Detection Center, Tokyo 3Department of Pathology, Tokyo Metropolitan Cancer Detection Center, Tokyo Keyword: 経年発見進行癌 , 内視鏡観察法 , 胃X線造影検査 , 脈管侵襲 , 早期癌類似進行胃癌 pp.1201-1206
Published Date 2022/8/25
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403202985
  • Abstract
  • Look Inside
  • Reference

 A 60s man visited our outpatient department for esophagogastroduodenoscopy. Esophagogastroduodenoscopic findings revealed a 40mm sized 0-IIa+IIc+I type lesion in the middle gastric body. Then, laparoscopic distal gastrectomy was performed. The patient was histopathologically diagnosed with 0-IIa+IIc+I, 42×28×6mm, tub1+tub2≫pap>por, pT3(SS), INFb, Ly1c, V1b, pPM1, pDM0(120mm), pN2(5/22), advanced cancer with lymph node metastasis. Gastric X-ray imaging was done at the medical checkup 2 years and 4 months ago. A barium spot was noted in the mid-gastric body, but detailed endoscopy revealed no abnormalities. Looking back at the endoscopic image, a faint reddish tone was observed in the atrophic mucosal region with good vascular transparency. It is important to center lesser or greater curvature and compare the anterior-posterior walls when observing the gastrointestinal tract to identify abnormal findings.


Copyright © 2022, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • 経過観察中に癌化した食道上皮内腫瘍の1例 依光 展和 , 小田 丈二 , 入口 陽介 , 水谷 勝 , 冨野 泰弘 , 山里 哲郎 , 園田 隆賀 , 岸 大輔 , 安川 佳美 , 霧生 信明 , 中河原 亜希子 , 清水 孝悦 , 橋本 真紀子 , 成田 真一 , 山村 彰彦 , 細井 董三 医学書院 胃と腸
    57巻 3号 (2022年3月)
    pp.283-288
    • 有料閲覧
  • 除菌後発見胃癌のX線診断 小田 丈二 , 入口 陽介 , 水谷 勝 , 冨野 泰弘 , 山里 哲郎 , 依光 展和 , 園田 隆賀 , 岸 大輔 , 安川 佳美 , 霧生 信明 , 清水 孝悦 , 中河原 亜希子 , 橋本 真紀子 , 山村 彰彦 , 細井 董三 医学書院 胃と腸
    57巻 1号 (2022年1月)
    pp.18-28
    • 有料閲覧
  • 十二指腸Peutz-Jeghers型ポリープの1例 園田 隆賀 , 依光 展和 , 冨野 泰弘 , 小田 丈二 , 入口 陽介 , 山村 彰彦 医学書院 胃と腸
    56巻 6号 (2021年5月)
    pp.861-866
    • 有料閲覧
  • 6年間の経過で増大した十二指腸腺腫内癌の1例 入口 陽介 , 小田 丈二 , 冨野 泰弘 , 依光 展和 , 岸 大輔 , 安川 佳美 , 中河原 亜希子 , 橋本 真紀子 , 霧生 信明 , 清水 孝悦 , 水谷 勝 , 山里 哲郎 , 園田 隆賀 , 並木 伸 , 山村 彰彦 , 細井 董三 医学書院 胃と腸
    56巻 13号 (2021年12月)
    pp.1701-1707
    • 有料閲覧
  • スキルス胃癌のX線診断—4型胃癌の年次推移,形態学的・病理組織学的検討 入口 陽介 , 小田 丈二 , 冨野 泰弘 , 依光 展和 , 園田 隆賀 , 岸 大輔 , 橋本 真紀子 , 中河原 亜希子 , 霧生 信明 , 清水 孝悦 , 水谷 勝 , 山里 哲郎 , 並木 伸 , 長濱 正亞 , 山村 彰彦 , 細井 董三 医学書院 胃と腸
    55巻 6号 (2020年5月)
    pp.779-793
    • 有料閲覧
  • ─早期胃癌の診断の基本─X線診断 入口 陽介 , 小田 丈二 , 水谷 勝 , 高柳 聡 , 冨野 泰弘 , 山里 哲郎 , 依光 展和 , 園田 隆賀 , 岸 大輔 , 大村 秀俊 , 橋本 真紀子 , 長濱 正亞 , 並木 伸 , 山村 彰彦 , 細井 董三 医学書院 胃と腸
    53巻 5号 (2018年5月)
    pp.586-596
    • 有料閲覧
  • 特殊な食道腫瘍のX線診断 小田 丈二 , 入口 陽介 , 水谷 勝 , 冨野 泰弘 , 山里 哲郎 , 依光 展和 , 園田 隆賀 , 大島 奈々 , 岸 大輔 , 清水 孝悦 , 橋本 真紀子 , 中河原 亜希子 , 山村 彰彦 , 細井 董三 医学書院 胃と腸
    54巻 10号 (2019年9月)
    pp.1349-1364
    • 有料閲覧
  • H. pylori未感染胃上皮性腫瘍を意識したX線読影上の注意点 小田 丈二 , 入口 陽介 , 水谷 勝 , 冨野 泰弘 , 山里 哲郎 , 依光 展和 , 園田 隆賀 , 大島 奈々 , 岸 大輔 , 清水 孝悦 , 橋本 真紀子 , 中河原 亜希子 , 山村 彰彦 , 細井 董三 医学書院 胃と腸
    55巻 8号 (2020年7月)
    pp.988-1005
    • 有料閲覧
  • 胃がん検診におけるリスク層別化と対象者選別の問題点 小田 丈二 , 入口 陽介 , 水谷 勝 , 冨野 泰弘 , 山里 哲郎 , 依光 展和 , 園田 隆賀 , 金田 義弘 , 安藤 早弥 , 岸 大輔 , 安川 佳美 , 中河原 亜希子 , 橋本 真紀子 , 山村 彰彦 , 細井 董三 医学書院 胃と腸
    57巻 9号 (2022年8月)
    pp.1193-1200
    • 有料閲覧
  • LSBEに発生した同時多発表在癌 小田 丈二 , 入口 陽介 , 水谷 勝 , 冨野 泰弘 , 山里 哲郎 , 依光 展和 , 園田 隆賀 , 岸 大輔 , 清水 孝悦 , 中河原 亜希子 , 橋本 真紀子 , 山村 彰彦 , 細井 董三 医学書院 胃と腸
    56巻 2号 (2021年2月)
    pp.219-226
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有