Japanese

Endoscopic Treatment for Superficial Hypopharyngeal Carcinoma Kagami Nagai 1 , Kenrou Kawada 1,2 , Tetsurou Nishikage 1 , Haruhiro Inoue 1,4 , Tatsuyuki Kawano 1 1Department of Esophagogastric Surgery, Tokyo Medical and Dental University Postgraduate School Keyword: 下咽頭癌 , 内視鏡治療 , 内視鏡的粘膜切除術 , アルゴンプラズマ凝固法 pp.331-338
Published Date 2003/3/25
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403100882
  • Abstract
  • Look Inside
  • Reference
  • Cited by

 Background : Superficial carcinoma of the hypopharyngeal region is still rare and its therapeutic modality is limited. The aim of this study was to evaluate the feasibility and curability of our endoscopic treatment for these carcinomas.

 Patients and Method : 18 primary lesions in 13 cases and 2 pretreated lesions were treated endoscopically with procedures of EMR (EMRC, np-EEM)or APC, solely or in combination, principally under general anesthesia. All patients had a past history of esophagectomy for esophageal carcinoma.

 Results : In 4 rather extensive lesions, tumors relapsed locally and required additional therapy, such as irradiation or re-treatment. Neck dissection for lymphnode metastases was also carried out in 2 cases. Besides throat pain, which is inevitable, aspiration pneumonia, laryngeal edema, negative pressure pulmonary edema and delayed bleeding were recognized as major adverse events, but no treatment related death. None had disturbances in swallowing or speaking after these treatments. 2 cases died of other carcinomas and 2 died of senile infirmity, but no one died of hypophalyngeal carcinoma.

 Conclusions : Our endoscopic treatment is feasible and a promising modality for superficial carcinoma in the hypopharynx, but further improvements are necessary to increase both safety and the cure rate.


Copyright © 2003, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • 下咽頭類基底細胞癌の1例 川田 研郎 , 門馬 久美子 , 遠藤 純子 , 江川 直人 , 加藤 剛 , 出江 洋介 , 笹村 佳美 , 三橋 敏雄 , 根本 哲生 , 河内 洋 , 船田 信顕 , 吉田 操 医学書院 胃と腸
    40巻 9号 (2005年8月)
    pp.1289-1292
    • 有料閲覧
  • 表面型表層拡大型食道癌の深達度診断―超音波内視鏡の立場から 川田 研郎 , 河野 辰幸 , 中島 康晃 , 奥田 将史 , 小郷 泰一 , 藤原 尚志 , 齋藤 賢将 , 藤原 直人 , 了徳寺 大郎 , 岡田 卓也 , 宮脇 豊 , 東海林 裕 , 永井 鑑 , 伊藤 崇 , 河内 洋 , 熊谷 洋一 医学書院 胃と腸
    49巻 8号 (2014年7月)
    pp.1173-1181
    • 有料閲覧
  • 食道表在癌の深達度診断―超音波内視鏡の立場から 川田 研郎 , 河野 辰幸 , 永井 鑑 , 西蔭 徹郎 , 中島 康晃 , 鈴木 友宜 , 星野 明弘 , 宮脇 豊 , 岡田 卓也 , チラワット サワーンスィ , 太田 俊介 , 河内 洋 医学書院 胃と腸
    45巻 9号 (2010年8月)
    pp.1527-1534
    • 有料閲覧
  • 2)経鼻内視鏡 川田 研郎 , 河野 辰幸 , 永井 鑑 , 西蔭 徹郎 , 中島 康晃 , 鈴木 友宜 , サーワンスィ チラワット , 星野 明弘 , 宮脇 豊 , 岡田 卓也 , 太田 俊介 , 河内 洋 , 杉本 太郎 医学書院 胃と腸
    46巻 5号 (2011年5月)
    pp.601-610
    • 有料閲覧
  • 咽頭癌の内視鏡診断─経鼻内視鏡 川田 研郎 , 岡田 卓也 , 中島 康晃 , 山口 和哉 , 川村 雄大 , 奥田 将史 , 久米 雄一郎 , 了徳寺 大郎 , 星野 明弘 , 東海林 裕 , 岡田 隆平 , 清川 佑介 , 有泉 陽介 , 朝蔭 孝宏 , 伊藤 崇 , 河野 辰幸 医学書院 胃と腸
    52巻 13号 (2017年12月)
    pp.1665-1673
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有