検索結果

  • 表示件数
  • 20
  • 40
  • 80

1 - 20件(45件中)

#今月の特集関連本❷

#総合診療 総合診療 27巻 10号 pp. 1346(2017年10月)

 

『総合診療』バックナンバーのご案内

-------------------- 総合診療 27巻 10号 pp. 1442-1443(2017年10月)

 

❶それ、本当に突発性難聴?!

特集 めまいがするんです!─特別付録Web動画付 【コラム めまい小咄】 高岸 勝繁 総合診療 27巻 10号 pp. 1345-1346(2017年10月)
  • 概要(一部)

 「突発性難聴」は、原因不明の急性発症の感音性難聴で、内科医としては時間外外来や救急外来で診察することが多いと思います。疾患の特徴をまとめると、以下のようになります1)。 ❶難聴は、3つ以上の周波数で

今月の「めざせ! 総合診療専門医!」問題

特集 めまいがするんです!─特別付録Web動画付 総合診療 27巻 10号 pp. 1376-1378(2017年10月)
  • 概要(一部)

本問題集は、今月の特集のご執筆者に、執筆テーマに関連して「総合診療専門医なら知っておいてほしい!」「自分ならこんな試験問題をつくりたい!」という内容を自由に作成していただいたものです。力試し問題に、チ

—家庭医療診療所における「チームワーク」2—DIVERSITY and TEAMWORK

55歳からの家庭医療|明日から地域で働く技術とエビデンス・10 藤沼 康樹 総合診療 27巻 10号 pp. 1435-1439(2017年10月)
  • 概要(一部)

 現代的なプライマリ・ケアチームにおけるキーポイントは、今までのような他職種との“連携”をしっかりと行うというよりは、むしろ「チームメンバーの“多様性(ダイバーシティ)”をどのように活かすか」、そして

#今月の特集関連本❹

#総合診療 総合診療 27巻 10号 pp. 1363(2017年10月)

 

❷幽霊に突き飛ばされた?

特集 めまいがするんです!─特別付録Web動画付 【コラム めまい小咄】 上田 剛士 総合診療 27巻 10号 pp. 1353(2017年10月)
  • 概要(一部)

Case 患者:59歳、女性。 現病歴:10年以上前からめまい発作と難聴があり、「(両)メニエール病」と診断され、耳鼻咽喉科に通院加療中である。お店に立って並んでいたところ、急激に世界が回り出し、転倒

#書評:『てんかんとその境界領域—鑑別診断のためのガイドブック』

#総合診療 浜野 晋一郎 総合診療 27巻 10号 pp. 1398(2017年10月)
  • 概要(一部)

 最近、書店で医学書を眺めていると、「するべきこと」と「してはいけないこと」、それだけがてっとり早くわかるガイドライン・マニュアルの類いと、疾患単位ごとに病態と治療が詳細にまとめられた重厚な成書に二極

#今月の連載関連本

#総合診療 総合診療 27巻 10号 pp. 1402(2017年10月)

 

❸「phobic postural vertigo」は誰もが経験している?

特集 めまいがするんです!─特別付録Web動画付 【コラム めまい小咄】 上田 剛士 総合診療 27巻 10号 pp. 1362-1363(2017年10月)
  • 概要(一部)

 「phobic postural vertigo」(恐怖性姿勢めまい)は、めまい外来患者の8〜17%を占め、BPPV(良性発作性頭位めまい症)に次いで多い原因ですが1,2)、その割に軽視されているよ

特集 めまいがするんです!─特別付録Web動画付 上田 剛士 総合診療 27巻 10号 pp. 1306-1307(2017年10月)
  • 概要(一部)

「めまい」は若手医師が苦手な症候の代表です。「めまい」に対する苦手意識を克服するうえで、まず臨床医は臨床的頻度が高いBPPV(benign paroxysmal positional vertigo:

お得な年間購読のご案内

-------------------- 総合診療 27巻 10号 pp. 1443-1444(2017年10月)

 

『総合診療』編集方針—リニューアルにあたって

-------------------- 総合診療 27巻 10号 pp. 1298(2017年10月)
  • 概要(一部)

 2015年、1991年に創刊した弊誌は、下記の「編集方針」を掲げて、『JIM』より『総合診療』に誌名を変更いたしました。以来、この2年間のうちにも高齢化はさらに進み、社会構造や価値観、さらなる科学技

#今月の連載関連本

#総合診療 総合診療 27巻 10号 pp. 1434(2017年10月)

 

すべては患者が教えてくれる─病歴と身体所見の中の“宝探し”

苦手克服|野獣のリアル勉強法・10 成田 雅 総合診療 27巻 10号 pp. 1420-1425(2017年10月)
  • 概要(一部)

 沖縄県立中部病院感染症内科の回診では、個人情報保護に配慮しながらpatient profileを明らかにすることが、伝統的に重要とされている。電子カルテシステム全盛の昨今、患者情報の基本である病歴・

ドクターGの功罪

What's your diagnosis?[178] 溝畑 宏一 , 上田 剛士 総合診療 27巻 10号 pp. 1302-1305(2017年10月)
  • 概要(一部)

病歴 患者:独居でADL(activities of daily living)は自立している82歳、女性。 主訴:左上下肢脱力。 現病歴:3週間前に下痢が3日間持続し、近医でウイルス性腸炎として対症

#編集室に届いた執筆者関連本

#総合診療 総合診療 27巻 10号 pp. 1402(2017年10月)

 

東日本大震災とプライマリ・ケアの今—不安とPTSD

Update'17 長 純一 総合診療 27巻 10号 pp. 1412(2017年10月)
  • 概要(一部)

 東日本大震災後1年の時点で、約2,000戸の仮設住宅群にプレハブの診療所を開設した時から、メンタルヘルスへの対応は非常に大きな課題と考えていた。現在まで震度3程度の地震はしばしば起きていることもあり

Horse or Zebra? It's Zorse!—胸痛の原因を探せ!

オール沖縄!カンファレンス・10 戸塚 大幾 , 轟 純平 , 徳田 安春 総合診療 27巻 10号 pp. 1380-1385(2017年10月)
  • 概要(一部)

CASE 患者:自宅で長男夫婦・孫と生活している、89歳、男性。 主訴:胸痛。 既往歴:前立腺癌(T3aN0M0)術後9年、多発性大腸ポリープ切除後4年。 内服薬:アミトリプチリン塩酸塩20mg、アビ

熱はないけど、要チュ〜意!

みるトレ Special・10 佐田 竜一 総合診療 27巻 10号 pp. 1393-1397(2017年10月)
  • 概要(一部)

患者:70歳、男性。 主訴:倦怠感、両肩痛、労作時呼吸困難。 生活歴・既往歴:ADL・IADL自立。特記すべき既往なし。 薬剤歴:ワルファリン、オルメサルタン、アゼルニジピン、カルベジロール、フレカイ

ジャーナルで絞り込む
書籍・雑誌分類で絞り込む
検索