検索結果

  • 表示件数
  • 20
  • 40
  • 80

1 - 20件(45件中)

『総合診療』編集方針—リニューアルにあたって

-------------------- 総合診療 27巻 10号 pp. 1298(2017年10月)
  • 概要(一部)

 2015年、1991年に創刊した弊誌は、下記の「編集方針」を掲げて、『JIM』より『総合診療』に誌名を変更いたしました。以来、この2年間のうちにも高齢化はさらに進み、社会構造や価値観、さらなる科学技

#今月の特集関連本❸

#総合診療 総合診療 27巻 10号 pp. 1361(2017年10月)

 

#今月の特集関連本❺

#総合診療 総合診療 27巻 10号 pp. 1375(2017年10月)

 

#参加者募集

#総合診療 総合診療 27巻 10号 pp. 1401(2017年10月)

 

#今月の連載関連本

#総合診療 総合診療 27巻 10号 pp. 1434(2017年10月)

 

読者アンケート

-------------------- 総合診療 27巻 10号 pp. 1441(2017年10月)

 

お得な年間購読のご案内

-------------------- 総合診療 27巻 10号 pp. 1443-1444(2017年10月)

 

#今月の特集関連本❷

#総合診療 総合診療 27巻 10号 pp. 1346(2017年10月)

 

『総合診療』バックナンバーのご案内

-------------------- 総合診療 27巻 10号 pp. 1442-1443(2017年10月)

 

#今月の特集関連本❹

#総合診療 総合診療 27巻 10号 pp. 1363(2017年10月)

 

#今月の連載関連本

#総合診療 総合診療 27巻 10号 pp. 1402(2017年10月)

 

#今月の特集関連本❶

#総合診療 総合診療 27巻 10号 pp. 1311(2017年10月)

 

#医学書院の新刊

#総合診療 総合診療 27巻 10号 pp. 1399-1401(2017年10月)

 

今月の「めざせ! 総合診療専門医!」問題

特集 めまいがするんです!─特別付録Web動画付 総合診療 27巻 10号 pp. 1376-1378(2017年10月)
  • 概要(一部)

本問題集は、今月の特集のご執筆者に、執筆テーマに関連して「総合診療専門医なら知っておいてほしい!」「自分ならこんな試験問題をつくりたい!」という内容を自由に作成していただいたものです。力試し問題に、チ

#編集室に届いた執筆者関連本

#総合診療 総合診療 27巻 10号 pp. 1402(2017年10月)

 

東日本大震災とプライマリ・ケアの今—不安とPTSD

Update'17 長 純一 総合診療 27巻 10号 pp. 1412(2017年10月)
  • 概要(一部)

 東日本大震災後1年の時点で、約2,000戸の仮設住宅群にプレハブの診療所を開設した時から、メンタルヘルスへの対応は非常に大きな課題と考えていた。現在まで震度3程度の地震はしばしば起きていることもあり

Horse or Zebra? It's Zorse!—胸痛の原因を探せ!

オール沖縄!カンファレンス・10 戸塚 大幾 , 轟 純平 , 徳田 安春 総合診療 27巻 10号 pp. 1380-1385(2017年10月)
  • 概要(一部)

CASE 患者:自宅で長男夫婦・孫と生活している、89歳、男性。 主訴:胸痛。 既往歴:前立腺癌(T3aN0M0)術後9年、多発性大腸ポリープ切除後4年。 内服薬:アミトリプチリン塩酸塩20mg、アビ

それは「愛の心(charity)」である—「結束、平和、ならびに協調(1905年)」の章より

こんなときオスラー|超訳『平静の心』・10 平島 修 総合診療 27巻 10号 pp. 1426-1429(2017年10月)
  • 概要(一部)

◦結束  同じ人種でも、同じ土地で生活をしていても、人の個性は1人ひとり違うように、日常診療でよく見かけるコモンな疾患でも、病歴や診察所見、重症度、経過も、患者ごとに違う。そのため、それぞれの患者に合

胃腸炎症状と過呼吸発作で救急搬送された22歳女性

総合診療専門医(仮)セルフトレーニング問題・7 家 研也 総合診療 27巻 10号 pp. 1430-1434(2017年10月)
  • 概要(一部)

セッティング ここは郊外にある200床の市立病院の夜間救急外来。今日は内科2次救急の輪番日で、院内に医師はあなたと病棟担当医1名のみ。夕方から立て続いた患者さんが一段落ついた22時過ぎ、救急隊から以下

—家庭医療診療所における「チームワーク」2—DIVERSITY and TEAMWORK

55歳からの家庭医療|明日から地域で働く技術とエビデンス・10 藤沼 康樹 総合診療 27巻 10号 pp. 1435-1439(2017年10月)
  • 概要(一部)

 現代的なプライマリ・ケアチームにおけるキーポイントは、今までのような他職種との“連携”をしっかりと行うというよりは、むしろ「チームメンバーの“多様性(ダイバーシティ)”をどのように活かすか」、そして

ジャーナルで絞り込む
書籍・雑誌分類で絞り込む
検索