糖尿病プラクティス 37巻2号
  • 有料閲覧
糖尿病プラクティス

糖尿病プラクティス 37巻2号

糖尿病と心不全の新パラダイム-かつての常識はもはや通用しない?- 医歯薬出版 電子版ISBN 電子版発売日 2020年12月21日 ページ数 120 判型 A4 印刷版ISSN 2435-0907 印刷版発行年月 2020年3月

閲覧方法のご案内

この書籍・雑誌を閲覧するためにはログインが必要になります。
パスワードを忘れた場合 新しくユーザー登録する

購入案内

書籍・雑誌概要

糖尿病と心不全の新パラダイム-かつての常識はもはや通用しない?-
 糖尿病は高血圧とともに心血管病,特に虚血性心疾患と心不全の原因となる.また虚血性心疾患を合併していなくても,直接「糖尿病性心筋症」と呼ばれる心筋障害を引き起こす.さらに,心不全自体がインスリン抵抗性を惹起し耐糖能を悪化させ,さらなる悪循環を形成する.このため,糖尿病に合併した虚血性心疾患や心不全は重症になりやすく,予後も不良である.
 ACE 阻害薬やアンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)などのレニン・アンジオテンシン(RA)系抑制薬は,糖尿病による心筋障害を直接抑制する.さらに,糖尿病は心不全・心筋リモデリングを悪化させるが,これらもRA 系抑制薬によって抑制される.糖尿病による心筋障害の抑制には,血糖コントロールやインスリン抵抗性の改善も重要であると考えられる.近年,2 型糖尿病患者を対象とした臨床試験において,SGLT2 阻害薬が,心血管死・非致死性心筋梗塞・非致死性脳卒中からなる複合心血管イベント,さらに心不全による入院を有意に減少させたことが相次いで報告され,SGLT2 阻害薬の心不全に対する有用性が注目されている.さらに,DAPA-HF 試験でダパグリフロジンが駆出率の低下した心不全患者の心血管死および心不全による入院を抑制したことも報告された.
このような結果は,心不全の標準治療の上乗せで認められたこと,さらに糖尿病の有無やベースラインのHbA1c値にかかわらず認められたことから,SGLT2 阻害薬は糖尿病治療薬にとどまらず,新たな心不全治療薬としても注目されている.
 近年の基礎・臨床研究により糖尿病と心不全の病態解明や評価法は大きく進歩した.さらに,大規模臨床試験によって糖尿病・心不全双方に有効性が期待される治療薬が登場してきた.「動脈硬化危険因子としての糖尿病」というかつての常識にとどまらず,糖尿病と心不全という密接に関連する2 つの疾患の病態と治療を新たなパラダイムで捉える時代が到来したといえよう.
 本特集では,糖尿病と心不全の領域でわが国を代表する先生方に,それぞれの立場から病態・診断・治療の最新情報を概説いただいた.糖尿病そして心不全患者は世界中で増加しており,本特集が多くの先生方の診療・研究の一助となれば幸いである.(小川佳宏/九州大学大学院医学研究院 病態制御内科学,筒井裕之/九州大学大学院医学研究院 循環器内科学)

目次

MAIN THEME 特集  糖尿病と心不全の新パラダイム―かつての常識はもはや通用しない?― 
特集にあたって  小川佳宏,筒井裕之  141
1.糖尿病における心筋障害のメカニズム  松島将士  142
2.糖尿病治療と心不全の予後に関する大規模臨床試験  田中敦史・他  151
3.糖尿病合併心不全の治療戦略  坂東泰子  158
4.糖尿病と心不全に共通する骨格筋異常  絹川真太郎  163
5.日常診療における糖尿病患者の心機能評価  大西勝也  171
6.糖尿病治療薬の作用機序と心不全治療効果  相良理香子・他  178
医師・医療スタッフが行く 全国病院・クリニック訪問 
対話と運動療法の両輪で糖尿病治療継続の原動力とする  取材/戸高幹夫  132 
FORUM 
病因と診断 
第2回 1型糖尿病の成因―自己免疫―  中條大輔  187 
合併症I―動脈硬化症― 
第2回 糖尿病と動脈硬化性疾患との関係(2)検査  粟飯原賢一  191 
合併症II―妊娠― 
第2回 妊娠中の管理  柳沢慶香  197 
薬剤 
第2回 SGLT2阻害薬  五十嵐弘之・他  200 
食事 
第2回 “血糖(グルコース値)の見える化”を活用した栄養指導(2)  石田千香子  203 
運動 
第2回 運動療法の構成に基づく実践  天川淑宏  207 
検査 
第2回 持続血糖モニターによる糖尿病診療(2)CGMの国際標準化:標準化CGM指標とAGPレポート  鳥本桂一  211 
PUBLICATION 
妊娠糖尿病と診断された女性とそのお子さんを産後長期まで総合的にケアするためにお薦めするガイドブック  荒田尚子  215 
OVERSEAS 
ST上昇型急性心筋梗塞に対してPCIを受けた2型糖尿病患者における入院中の罹患リスクおよび死亡リスクの大部分は,心機能および腎機能の低下が原因である  小松健・他  217 
撤回公告 
SGLT2阻害薬による心臓保護作用(37巻1号の撤回公告)  221
SERIES  糖尿病と保険診療 
第47回 糖尿病とがん診療(2)―乳がん・子宮内膜がん・膀胱がんについて―  中島尚登  222 
SPOT  糖尿病と母と子と 
第2回 おなかの赤ちゃんが教えてくれたお母さんの糖尿病体質―妊娠糖尿病(gestational diabetes mellitus:GDM)はプレディアベテス―  穴澤園子  230 
糖尿病の療養指導Q&A 
加熱式タバコと電子タバコのリスク  田淵貴大  233 
SGLT2阻害薬のメカニズムとさまざまな効果  一色政志  236 
STUDY  続・そこが知りたかった 糖尿病の大規模臨床試験 
第2回 ADDITION-Cambridge  住谷哲  239 
ESSAY  鉄・輪だより―鉄人糖尿病ドクターによる銀輪の旅― 
第11回 箱根駅伝のコースを自転車で行く  山下滋雄  243 
REPORT  子どもたち/AYA世代の糖尿病―活動・実践ダイアリー― 
[第40回徳島小児糖尿病サマーキャンプ]「また来たいキャンプを目指して」2019  小谷裕美子  246 
CIRCLE  リス☆カン フライデー レポート 
#49 リス☆カン in 姫路 Part2  岸本美也子・他  248 
CONGRESS 
(社)東京臨床糖尿病医会 第165回例会  菅原正弘  255 
WHITE BOARD 
(社)東京臨床糖尿病医会 第167回例会・(社)東京臨床糖尿病医会 第168回特別例会「演題募集」のお知らせ  216

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

  • 糖尿病プラクティス 38巻2号 糖尿病:社会的スティグマへのアドボカシー活動の現状 -糖尿病とともに無理なく不利なく暮らせるために- 医歯薬出版 ISSN 2435-0907
  • 糖尿病プラクティス プラクティス 36巻2号 糖尿病と時間生物学-生活習慣病としての糖尿病と体内時計との関連- 医歯薬出版 ISSN 2435-0907
  • 糖尿病プラクティス プラクティス 36巻6号 糖尿病患者への個別化食事療法の実現に向けて-QOLと健康寿命の維持を栄養から目指す- 医歯薬出版 ISSN 2435-0907
  • 糖尿病プラクティス プラクティス 36巻4号 糖尿病の運動指導:すぐに役立つ効果的アプローチ-最新のエビデンスと基礎データを活かす- 医歯薬出版 ISSN 2435-0907
  • 糖尿病プラクティス プラクティス 36巻3号 糖尿病診療と医療のしくみ-行政の動きを臨床の視点から- 医歯薬出版 ISSN 2435-0907
もっと見る