臨牀消化器内科 Vol.33 No.9
  • 有料閲覧

臨牀消化器内科 Vol.33 No.9

膵神経内分泌腫瘍update 日本メディカルセンター 電子版ISSN 2433-2488 電子版発売日 2018年7月23日 ページ数 120 判型 B5 印刷版ISSN 0911-601X 印刷版発行年月 2018年7月

書籍・雑誌概要

膵神経内分泌腫瘍update 膵神経内分泌腫瘍(PNET)の診療・研究の進歩が著しい。
従来、膵神経内分泌腫瘍はまれな腫瘍と言われていたが、疾患概念が広く浸透してきたため、我が国でも患者数は増えている。WHOの病型分類は2017年に改定された。

目次

巻頭言/木村 理1.膵神経内分泌腫瘍の疫学/伊藤鉄英 他
2.膵神経内分泌腫瘍の病理/笹野公伸 他
3.膵 神経内分泌腫瘍のがん遺伝子研究-PHLDA3 は膵神経内分泌腫瘍の運命を決定する/冨永航平,大木理恵子 他
4.膵神経内分泌腫瘍と遺伝性疾/松尾真理
5.膵神経内分泌腫瘍のCT,MRI/山口晴臣,市川智章 他
6.膵神経内分泌腫瘍のUS,EUS/肱岡 範 他
7.インスリノーマの診断/五十嵐久人 他
8.ガストリノーマの診断/河本 泉 他
9.まれな機能性膵神経内分泌腫瘍の診断/中島陽平,大塚隆生 他
10.核医学の膵神経内分泌腫瘍診断・治療への応用/小林規俊 他
11.膵神経内分泌腫瘍の手術治療/工藤 篤 他
12.膵神経内分泌腫瘍の化学療法/古瀬純司
13.膵 神経内分泌腫瘍のバイオセラピー,分子標的治療薬/池田公史 他

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る